株式市場の雪解けなるか

image

先月の投資成績です。

2月は株式投資にとっては厳しい状況となりました。どの投資信託も軒並み下落となっています。特に国内株式の下落がひどく日経平均は昨年比で15%超の下落となっています。リスク資産が少ないkackyファンドが相対的に下落から免れている結果です。それでも7%くらい持って行かれてますけど٩(′д‵)۶とはいえ血を吐いて死にそうになるほど損はしていないのでやはりリスク・コントロールは大事だねって思います。いのちだいじに。

3月に入り、気候的には暖かくなってきました。相場もいくらか回復していて1月末くらいの水準には戻ってきそうです。株式相場も春が訪れてまたまったりとした投資になるといいなあなどとのほほと構えます。

image01

株価下落も投資方針に変更なし

image

今月の投資成績です。大学の先輩から『さわかみなんかと比べてないでひふみをベンチマークに入れろや』と言われたので今年からさわかみファンドを外してひふみプラスをベンチマークに加える事にしました。この数年でさわかみファンドがインデックスに劣っていることは明らかになったかとおもいますので、グラフに入れるまでもないかと。

御存知の通り今年は下落から始まりました。ものすごい大暴落かのように言われてますが、1ヶ月で振り返ると10%も下落してないのですね。もうリーマン・ショックとか東日本大震災からのギリシャショックを経験した人たちにとっては微風くらいではないでしょうか。まあ、こういう月もあると気もちを切り替えていけば乗り越えられると思います。

 

今の悩みは株式投資にお金が行き過ぎて手持ちの現金が足りてないことです/(^o^)\ナンテコッタイ

このままだと所得税を払うのにも事欠くレベルでお金がありません\(^o^)/

まあ、確定申告及び納税は3月まで延ばせるのでそれまでになんとかすればいいわけですけど。場合によっては株や投資信託の売却も検討しなければいけなくなるかもしれません。。まだ売りどきじゃないのにね。

 

株式投資あるあるな感じですがよい子は真似をしないでちゃんと現金を持ちましょうw

それでは長期投資で行きましょう!

損失を確定して再出発

年初から株価が下落して、リバウンドした中、kackyファンドはこっそりとニッセイ外国株式を全額売却して買い直すオペを入れました。損失額としては30万円ほどです。決して少なくはない金額です。損失確定というのは決して気分のいいものではありませんが、なぜこの手を打ったかというと、損失を確定させることで今年から最大3年間で上げる利益と相殺することができるため、支払う税金を減らすことができるためです。今年からはさらに債券の利息収入も確定申告をすることで株式の損失と相殺することができます。私は投資家として数万円単位の所得税を納めていますから、この額を減らすことで収入が増えます。株価が下がっている時には下がっているなりの戦略があるのです。

話は変わりますが、今日FP3級の試験を受けてきました。まあ取ろうと思えば取れるかな-と思いつつ、特に必要もなかったので受けてなかったのですが、子どもをもっていろいろな資産設計をする中で妻への説得力が増すかなと思って受けてみました。自己採点結果をしたところ、無事に合格ラインに到達していたのでホッとしています。実技試験は、自分の得意分野の資産運用、資産設計部分が主で難易度もそれほど高くなかったので対して練習してなかったですがほぼパーフェクトが出せました。一方、学科の方は得意の資産運用部門や◯☓問題で8割くらいの正答率を稼いだ一方、ほぼ使ったことがない不動産や相続といった知識が不足しており、三択問題では正答率が6割程度にとどまりました。いろいろ反省点も多いですが、これで3月ごろには正式に3級ファイナンシャル・プランニング技能士になります。このブログの内容は特に変わりませんけどね。

2015年の振り返りと今年の投資戦略

あけましておめでとうございます。今年もこのブログをよろしくお願いします。

例年と同じく累積リターンとコストを振り返ってみましょう。

 

昨年たてた目標は次のとおりでした。

  • 累積リターン +60%台へ
  • 最大損失(対前年評価額)-10%未満
  • 投資コスト(税金+手数料)前年度比30%削減

結果は

  • 累積リターン+49.98% 達成ならず…
  • 最大損失 –2.3%(9月30日) 達成!
  • 投資コスト 24294円→32792円(34%増加) 達成ならず…

ということで累積リターンとコストで目標を達成できませんでした。累積リターンに関しては、投資金額の増加(主に確定拠出年金)に伴うものでとくに気にすることは無いですが、投資コストが上昇してしまったことはいただけませんね。

投資コストの内訳は

税金 21,339円(870円増)

手数料 10,839円(7,014円増)

 

ということで、取引の増大に伴う手数料の増加が響きました。利益確定を行ったり、9月の下落時に思い切った買いを行ったりしたことが大きく手数料を増やした要因です。今年は控えめにすることでコスト低減できるかな・・・と考えています。税金も減らす予定でしたが、上場MSCIコクサイが大量の分配金を出したことが誤算でした。このETFも売却したため、税金も前年比では下がることが期待されます。

 

続いてアセット毎の利益率(預金、401k除く)です。

名称 1年前 現在 利益率
国内株式 37.5% 30.8% +21.8%
国際株式 27.5% 35.2% -1.7%
国内債券 35.0% 34.0% +1.5%
国際債券 0% 0% 0%

 

日経平均が約10%の上昇ですので、国内株式のリターンはインデックスを大きく上回りました( ̄ー ̄)ニヤリ

しかし、国際株式ではインデックスの下落にともない、昨年通して損失となってしまいました。残念…。

国内債券は着実な利益をあげています。

今年は国際株式が大きく上げるといいなあと自分勝手な希望を表明しておきますw

 

さて、今年の目標アセットアロケーションにいきます。目標アセットアロケーションにかなり近いところを最近キープできています。欲望や恐怖に駆られて大きく崩す事のないように今のうちに気を引き締めます。

  • 国内株式 現状維持(35%)
  • 国際株式 若干調整(30%)
  • 国内債券 現状維持(35%)
  • 国際債券 引き続きゼロ(0%)

今年の目標設定も昨年とほぼ変えずにいきます。

  • 累積リターン +55%
  • 最大損失(対前年評価額) –10%未満
  • 投資コスト(税金+手数料)前年比30%削減

特に投資コストについては30%減と言わず半減くらいを目指していきたいです。年間30000円のコストは大きいですから、削減して利益を増やしていきたいと思います。

 

さあ、今年も長期投資で行きましょう!よろしくお願いします。

一足先に2015年を振り返る

image

株式市場の納会は明日ですが、実家へ帰る都合もあって1日早く振り返りをします。12月の年末ラリーはさほど盛り上がらず、前月より下げて終わりました。

 

2015年のkackyファンドですが、国内株インデックスほどのリターンは上げられませんでしたが、海外株が下げた中でちょうど真ん中くらいのほどよい結果となりました。今年は転職も経て仕事では激動の年となりましたが、株式投資の方は順調に利益を上げることができて満足です。9月にかなりきつい下げがありました。しかしバランスをとって投資を行っていればなんてことはなかったですね。とはいえ、9月にかなり株を買い向かったせいで株式の比率が大きくなりすぎた感じもあるので2016年はちょっと抑え気味にいくと思います。NISAの限度額が120万円に引き上げられましたが、まだ何をNISAに回すか決まってません。今の保有株とにらめっこしながらじっくり考えたいと思います。

 

2015年当ブログをご覧頂きありがとうございました。また来年もぼちぼちと更新していきたいと思いますので遊びに来てください(=゚ω゚)ノ

それではよいお年を。

過去最高益まであと少し

image

先月の投資成績です。

kackyファンドは大きく伸びて頑張ったぞって思ったのですが、国内株式はそれ以上に伸びていたので上位陣との差はかえって広がりました(´・ω・`)とはいえ過去最高益まであと少しの所まで来ました。年末に過去最高益で終えられたらいい気分で年を越せそうだなーって感じです。仕事が忙しすぎて少しは明るい話題がないとやってられない今日このごろ。長期投資はそんなときでもほったらかしで利益をもたらしてくれる貴重な存在です。まあガッツリ暴落して凹まされることも多々ありますけど^^;アメリカが年末に利上げしそうみたいですが、それを乗り越えて継続的な成長をしていただけるとkackyファンドも嬉しい感じになりそうです。

では、今月も長期投資で行きましょう!

低信託報酬時代の到来は投資ブロガーが勝ち取った

先月から今月にかけて、三井住友アセットマネジメントの低コストDCファンドが一般開放されたニュースに続き、ニッセイアセットマネジメントのインデックスファンドが信託報酬を値下げし、DIAMアセットマネジメントも低コストをうたうインデックスファンドを登場させました。いよいよ日本にも敗者のゲームやウォール街のランダム・ウォーカーで支持されている低コストのインデックスファンドへ投資する地盤が整ってきたと実感しています。

これはひとえに草の根の活動を続けてきたインデックス投資ブロガーの大きな成果と言えると思っています。インデックス投資ブロガーはシンプルに訴え続けてきました。

『投資に成功する秘訣は低コストなインデックスファンドへ投資し、保有し続けること』であると。

投資ブロガーはブログを通じて低コストなインデックスファンドの情報を提供しました。それを見たネット投資家も感化されて低コストインデックスファンドへの関心を深めてきました。いまや、日本人が頼る主な情報源はインターネットです。これから投資を考える新米投資家が頼る情報源として投資ブログに行き着くことは想像に難くありません。こうして、低コストインデックスファンドが多くの資金を集めるという成果が現れました。投資信託を運用する側もこうした時代の流れを感じ始めてきたのでしょう。低コストというシンプルなコンセプトで何一つ宣伝広告費を使うことなく勝手に投資ブロガーが記事を書いてファンドの存在を宣伝してくれるのです!(※先のエントリーで出した投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015が好例でしょう)投資ブロガーも低コストなファンドを利用できるし、運用会社も広告費をかけることなく大きな資金をあつめられるWIN-WINの関係が生まれています。

この流れを一番うまくつかみとっているのは三菱UFJ国際投信のeMAXISシリーズではないでしょうか。eMAXISシリーズはインデックスファンドシリーズとして先発とは言えない立場ながら、ブロガーミーティングを定期的に開催することで投資ブロガーの意見を集めてきました。この模様は参加したブロガーによって伝えられ、eMAXISというブランドの周知に寄与したことでしょう。また、ブロガーの投票により全世界株式インデックスや新興国債券インデックスが実際に商品化されるなどブロガーの意見が商品設定に反映されるという出来事もありました。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1393.html

また、仮想ポートフォリオを組んでリスク対リターンを競うポートフォリオの達人というブロガー心をくすぐる企画も開催されています。

https://contest.muam.jp/index.html

 

こういう活動もあり、インデックスファンドシリーズとしては最大級規模といえる2000億円の資金が集まりました。(eMAXISは俺が育てたと思っているブロガーも少なくないはず^^;)

このような動きが今後も続いていくことを期待しています。

 

課題としては、低コストのファンドの運用内容があげられるかもしれません。いくら低コストだからといって品質の悪いファンドが生まれてしまうことは本意ではありません。インデックスへの連動と日々のキャッシュフローをバランスさせることは容易なことではありません。低品質なインデックスファンドが生まれて投資ブロガーの信頼を下げることだけは勘弁していただきたいところです。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015に投票しました!

こんにちは。毎年恒例となりました投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearに今年も投票させていただきました。

私が投票したファンドと理由は次のとおりとなります。

 

外国株式インデックスファンドとして信託報酬最安値のブランドを守りぬくため、信託報酬の値下げに踏み切りました。

ニッセイ外国株式インデックスファンドが信託報酬の値下げに踏み切ったきっかけとなったファンドです。

全世界株式インデックスとして5年運用した実績のある貴重なファンドです。三井住友のファンドが0.2%台で登場したことで信託報酬の値下げにも期待が集まります。これからも応援していきたいファンドです。

 

上の2つのファンドはFund of the Year2015でも上位に来るのではないでしょうか。どのファンドが1位を獲得するか毎年楽しみですね。

※投票フォームから投票してみたのですが、結果表示が真っ暗のままでフリーズしてしまったのでちゃんと投票できたか自信がありません>_<

国内株を売買、NISA口座を変更

どうも、こんばんは。普段は動きのないkackyファンドですが、先週は久々に動きがありました。

まず、個別で持っている国内株ですが、セブン&アイHDからサイバーエージェントへと変更しました。

内需小売の抑えとして買っていたセブン&アイですが、だいぶ株価も上がって、もうそろそろ売りどきかなと思っていて、今年中に売ることを決めており、株価が持ち直したこのタイミングになりました。自分としてはまあまあ良かったのではないかなと思います。

一方のサイバーエージェントは言わずとしれた国内IT業界の雄です。業績も好調をキープしていますが、減益の予想と動画ビジネスへの先行投資の不透明感から株価は下落傾向にありました。しかし、私はサイバーエージェントの業績好調時のあえてのチャレンジ精神を非常に尊敬します。それがあるからこそ今の存在ですし。ああいう感じを目指したいなぁというある意味目標と言える存在です。応援の意味も込めて購入を決断しました。数年前に比べたら高いっちゃ高いですけど、潜在能力的には倍になってもおかしくないと思います。

 

さて、今までカブドットコム証券で運用してきたNISA口座ですが、来年からはSBI証券へ変更することにしました。理由は非常にシンプルで、

  • 株式の売買手数料が無料になる(カブドットコム証券は買付のみ無料)
  • 投資信託の選択肢が豊富である
  • なるべく証券口座を分散せずにワンストップ化したい(特定口座を売って、NISA口座で買うという手続きが楽)

という感じです。すでに保有しているものを除き、株式、債券、NISAの売買は全てSBI証券に一本化します。分別管理義務がありますので証券会社が破綻するリスクはありませんから、なるべく一本化したほうがいろいろと楽ですね。

 

以上で、特に投資方針に変更はありません。今月も長期投資で行きましょう!

徐々に株価も回復

image

今月の投資成績です。

10月も株価はもみあいましたが、月を通しては堅調に推移しました。着地は8月末よりも高いくらいの水準です。kackyファンドも他のファンドと遜色ない上昇をみせ、今年の損益がプラスに改善したので満足です。葬儀屋株の成績が思わしくないのが懸念材料ではあります。。あと確定拠出年金もまだ損益がプラスにはなっていません。この辺りも長期的にちゃんと利益が積み重なっていければいいかなーと思います。投資戦略は特に変更無しです。さあ来月も長期投資で行きましょう!