2009年6月10日

株の値動きは想像の範疇を超えている

題名のとおりです。5月に入ってから押し目らしい押し目もなく上がっていきました。6月もぐんぐん騰がっています。こんな経験初めてです。これが上げ相場というやつですね!明日にも10000円の大台に到達しそうです。ここまでの損益になったのはいつのことでしょう…去年の9月以来でしょうか。

正直、3ヶ月前まではこのような展開は想像すらしていませんでした。特に上昇著しいのはなんと新興不動産です。いつの日か、株価が倍になるといいねととか思っていたら、利益率が150%を超えましたいまだに信じられません。。でも目標は1000%ですw

投資歴が短いもので、まだ本格的な上げ相場というものを経験していません。どうしたらいいのか、正直わかりかねるところがあります。買うのをやめる必要も、売りに回る必要もない気がするのでいつもどおりのドル・コスト投資を続けます。評価額が復活したのは暴落に耐えて歯を食いしばってここまで生き延びた私に対する神様のご褒美だと思うことにします。

今日のあさカブで個人投資家の売買シェアが30%を超えたという話をしていました。個人投資家が株式市場で大きな注目を集めることは非常にうれしいですね。私もその一員としてがんばっていきたいと思います。

コメントを残す