Visual C#とXNA Game Studio はじまた

image

 

独身最後の贅沢にKinect for Windowsを買ったついでにVisual C#とXNA Game Studioを使ってサンプルプログラムを動かしてみた。

 

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb203897(v=xnagamestudio.31).aspx

 

ちなみにXNA Game Studioのインストールでbootstrapperが途中で止まる不具合に見舞われたので、手動でインストールした。

 

http://blogs.msdn.com/b/astebner/archive/2009/06/12/9740290.aspx

 

久しくWindowsプログラムから離れていたのだけれども、最新の環境をいじってみると随分とはじまってますなー。

 

私がDirectXをいじっていたのは2007年頃で、マスタリングDirectXプログラミングっていう本を片手にC++でAPIのおまじないを叩きながら、モデルを1つ表示させるのにもひーひー言いながらプログラムをしていた懐かしい思い出。

 

それに比べるとこのサンプルプログラムは30分もかからない。DirectXの初期化だとかインスタンスがどうとかはフレームワークの中に隠蔽されていて、自分が書くのはモデルをロードする部分とカメラ位置やライティング、射影行列の定義とメッシュを描画する関数だけ。おー、これぞフレームワークって感じ。

 

言語的にはC#はJavaのパクリじゃねってずっと思っているのであまり感心はしていないけど、これだけのフレームワークを無償で提供してくれたってことには感謝しなきゃいけない。Javaとほとんど一緒だから、初めて触っていてもほとんど苦もなく読めるっていうのはある意味メリット。

 

というわけで、これから先のWinアプリはC#で書いてみようかなって思ってきました。というか、早くKinect使ったゲーム作ろう♪

コメントを残す