真の正念場は11月だったかも

先月の投資成績です。先月の株式市場は中盤までは絶好調でしたが、月末に勢いよく下落して9月末のような怖い下げを見せました。結果的には10月末より下落して終わっています。10月が正念場と言っていましたが本当の正念場は11月だったかもしれません。国内株式に至っては年初からの利益がほとんどないところまで落ち込んでいます。

下落の要因としては、コロナウィルスにオミクロン株という新種がみつかり、再び都市封鎖などの混乱が起き、経済成長率が下がってしまう懸念、米国のインフレ率が予想よりも高止まりしていてFRBの金融政策に変更がおこる懸念といったところがあるようです。

しかし、kackyファンドは暗号資産も下落したため中盤の利益を失っていますが、月間ではプラスで終えることができました。月末にすこし国内株を整理して、新たに海外株を大きく仕込んで利益を出そうと思っています。今年もあと1ヶ月です。2年連続で6ファンドでトップになれるとうれしいですね。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。