権利落ち、東電

私が売ると上がるというのはお決まりという感じでヽ(´ー`)ノ

 

ただ、ここで強調しておきたいのは私の判断はもっと先を見据えたものだということです。震災の影響はまだ決算として顕在化したものはありません。今は憶測で株価は上下しています。5月末から始まる3月末決算発表と来期の見通し、それから第一四半期を過ぎたあたりで本当の現実がみえてくるかと思います。それはおそらく、かなり厳しい現実です。あまり最悪のシナリオは考えたくないですが、でも備えはしておくべきであろうということです。

 

 

昨日は権利落ちで私の持株も大分下げました(´・ω・`)

配当利回りが高いものは配当以上に下げ幅も大きく、投資の難しさを痛感します。。

 

 

今日は世界同時株高で私が買った株も大いに上がったのでよしとします◎プラ転まであとすこし!

 

東電は一時国有化という噂が流れて連日のストップ安です。私の見解としましては一時国有化、上場廃止、株式紙くずは不可避ではないかなと思います。正直言って、この原発問題はもはやひとつの企業では手に負えないレベルであろうと思います。避難住民や農家やらの損害賠償、停電を食らった産業界への賠償を考えてみると、2兆円あまりの純資産をすべて払いだしても全然足りないと思われます。しかし、株主責任を曖昧にしたまま税金を投入して賠償するというのは税金を払う国民が黙っていません。よって、企業は払える純資産はすべて払いだす(株主責任)、足りない分は税金を投入して痛みを分かち合うというのが一番フェアであるし、一番現実的な解決策であろうと考えます。

コメントを残す