2010年3月2日

ページランクという序列

今日は投資とはちょっと違った話を。Webサイトのランク付けというものはなかなか難しいものです。従来はページの閲覧回数を数える「ページビュー(PV)」や人数を数える「ユニークユーザー」が使われてきました。あとは人気ブログランキングみたいな、バナーをクリックする回数をカウントするタイプでしょうか。

しかし最近は「Googleページランク」がランク付けの指標として認知度が上がってきています。ランク付けのポリシーは決して公開されているわけではありませんので詳細は分かりませんが、「たくさんのサイトからリンクをされるとランクが上がる」のだそうです。

確かに被リンク数はそのサイトのコミュニティの広さを示していますから、ただ単に見られていればOKという単純なものでなく質的なものも少しは目を向けられてきたかなという印象はあります。しかし、そのGoogleページランクをもってしても情報の質まで表しているとは言い難いですね。とはいえGoogleページランクによって広告収入が決まるという現実がありますのでみなさんドシドシリンクしてね☆という今日この頃ですm(_ _)m

コメントを残す