2010年2月18日

断固反対!内部留保への課税!!

こんな記事が堂々とでて若干怒りを感じました。

企業内部留保への課税検討=首相、共産委員長に表明

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010021700840

“”志位氏が「大企業の内部留保が日本経済の成長力を損なっている」と指摘したのに対し、首相は「内部留保に適正な課税を行うことも検討してみたい」との考えを示した。

私は共産党の大企業の内部留保が日本経済の成長力を損なっているという論理がさっぱり分かりません。企業が内部留保を確保する理由は基本的に企業が成長していくための投資のためです。何もひきこもって私腹を肥やすために貯蓄しているわけではありません。それくらいはバランスシートの資産の部を見たらわかるはずです。もし資産の殆どが現金、預貯金で持たれていたら共産党の指摘も正しいかもしれません。しかし、そのようなことは政府に言われるまでもなく株主が許しません。ですから余計な気遣いをなさらなくても結構でございます。どうやら共産党はバランスシートの読み方も分からないようです。当たり前か、資本主義経済じゃないから。って賛同してんじゃないよ!鳩山さん!

ではあなた方は、そんな大企業以上に今後の成長へ投資できる自信があるのですね?今までの実績からしてとてもそんな気がしませんよ…金食い虫の箱物作ってきただけじゃんか。。

コメントを残す