2010年1月23日

調整が始まりましたね

今週はNYダウが高値から600ドル近く下げ、日経平均も高値から400円近く下げました。株式市場は調整に入ったと言って差し支えないでしょう。

わからない方のために言っておきますと暴落とは2008年の10月みたいに日経平均が1日に800円だの1000円だの下がることをいいます。よって今週のは単なる微調整です。明らかに。

私がどうしてこうも冷静でいられるかといいますとこうなることは大体予想できたからです。『円安になっているから業績が回復する』とか株高に取って付けたような理由がつけられていたのでそろそろ危ないなーと思って買いには慎重な姿勢を取っており、個別株に関しては売りに傾いていたのでああ、やっぱりと言った感じです。

下落の理由は諸説ありますが、私は米企業の決算だと思います。正直なところ、今期の決算は私が思っていたよりはよかったのですが、それ以上に株価が上がりすぎていた。それを受けての手仕舞い売り、利益確定。そんなところではないかと思います。

さて、日本市場の方ですが、日本企業の決算発表はまだこれからです。来週再来週にピークを迎えてどうか。見る前に結構下がってしまったので微妙ですが、たぶん下がるでしょうね。日経平均10000割れもありかな。そんな感じで見てます。

あらかじめ断っておくと、私はこれくらいの値動きでいちいち自分の保有株を売ったり買ったりはしません。そんなことをしていては証券会社に手数料を貢ぐだけですから。高いと思えば買わず、安いと思うときに買う。それだけです。下落のときに評価額が下がるのを止められないのが難点ではありますが、これがバイアンドホールドの宿命でしょうね。

コメントを残す