2009年9月19日

野村證券、ジョインベスト証券と統合、利用者にメリットなし(怒)

これには呆れたo(`ω´*)o

野村ジョイのサービス開始について

http://www.nomura.co.jp/introduc/company/news/news090918_2.html

野村證券とジョインベスト証券が合体、これは別にいいです。しかし問題は野村、ジョインベスト双方の利用者にとってデメリットだけあってメリットはまったくないことを強調しておきたいと思います。

野村利用者のデメリット

  • ほっと割プラン(ほっと割20、ほっと割ミニ)が消滅←これはかなり痛い

ジョインベスト利用者のデメリット

  • 株式取引手数料が軒並み値上げ
  • 約定代金 そのつどプラン(合併前) そのつどプラン(合併後)
    〜10万円 100円 500円
    〜20万円 200円 500円
    〜30万円 300円 500円
    〜50万円 400円 500円
    〜100万円 750円 1,000円
    〜150万円 900円 2,000円
    〜200万円 1,500円 2,000円
    〜300万円 1,500円 3,000円
    〜500万円 2,000円 5,000円
    〜1,000万円 3,000円 10,000円
    〜2,000万円 3,500円 20,000円
    〜3,000万円 3,500円 30,000円
    〜5,000万円 3,500円 40,000円
    5,000万円超 3,500円 75,000円
    • STAMシリーズ等のノーロード低コスト投資信託の取り扱い終了

    どうですか、これでいかに野村があくどいことをやってのけるかわかったでしょう?まあ、いつかはこうなるんじゃないかと予想はしていました。今ではこれより手数料の安いネット証券なんてくさるほどありますのでそちらに乗り換えるだけです。他のユーザー様にもそちらをお勧めします。

    個人的には楽天証券をお勧めしています(最安水準の手数料、海外ETFやノーロード投資信託が豊富☆)↓↓下記のリンクから資料請求が可能です↓↓

    個人的にはほっと割20がなくなったのが痛いですね。1万円前後の1321を毎月無手数料で積み立てができていたのですけど、それがなくなるのである程度つみあがるまで普通のノーロード投資信託でリレー投資する手法に切り替えていくしかないですね…orz

コメントを残す