2009年3月1日

次の景気拡大はどのくらい続くか

気の早い話と思うかもしれません。これからくるであろう景気拡大は一体どのくらいのものになるでしょうか。

私はこれほどまでに世界が同時に不況に陥り、世界が低金利政策や財政出動をしたことは過去に例がない気がします。ゆえにこの後におとづれる景気拡大もまた過去に例を見ないものになるであろうと考えています。

ちなみにこれまでに最長の景気拡大はまさにこの前のもので69ヶ月(02年2月〜07年10月)だそうです。年にして5年半あまり。株価は4年あまり上がり続けました。

となるとこれからの景気拡大はそれ以上、年にして6年ほど、株価にして5年を見ておけばよいでしょうか。

過去に例がない規模が期間になるのか、量になるのかはなってみないとわかりません。

私がここでこんなことを言ったのは、自分の投資の回収期間をざっくりとでも探っておきたかったからです。私は長期投資を自負しております。しかし、投資が十分に回収できたと思うのであればポジションや配当にしがみつく気持ちもありません。そのときにも株価に一喜一憂するのではなく景気拡大の期間をみて悠然と対処したいものです。

コメントを残す