2008年11月25日

M&Aには仲介役

WBSを見ていたのですが、この指摘は確かにそうだなぁと思いました。

欧米が逃げ腰なのでM&Aしたくても企業にノウハウがないので、特に値付けの際に壁が大きくて失敗してしまうパターンに陥ってしまうことが実に多いです。ちゃんと相手の資産、事業、人材を評価して妥当な値段をつけてあげる役がM&Aにはとても重要だと思います。

商社はそういう意味でいうと新しいM&A仲介の候補となる可能性はあるかもしれませんね。自分自身もそういうことを行っていること多いですから。まあ、そんなことやってどんなメリットあるよ?ってところを何とかする必要がありますけど。仲介料を直接支払うことなんてあるんでしょうか。

地銀、信用金庫、、んーそんなノウハウ持ってますかね??

M&Aファンドが候補に挙がらなかったのがちょっと笑えましたww日本ではいいイメージないですからね。。

コメントを残す