2008年6月20日

売れない、買えない。

株式市場は続落で14000円を割ってしまいました。めずらしくエコノミスト達の予想が当たりましたね。どうも、私の損益がプラスに転じると一気に売りをかけるひとがいらっしゃるようで、まことに嘆かわしいです。

いや、私はむしろ今入れている買い注文が約定しないことに苛立ちを募らせています。買い注文が約定しないとイライラしてしまってついつい買値を引き上げてしまいます。今回こそは気持ちをぐっとこらえて、自分の買値まで下がるまで待ってみようと思いますが、いかがでしょうか。

例えば不動産株。REITには投資する気はさらさらないですが、不動産自体は潮目が変わる時期が来ると思います。ですが、その前に業界再編と言いますか、キャッシュフローが持ちこたえられずに資産の投売りが起こりそうです。逆にその恩恵を受ける側はぼろもうけなのですが、なかなか来ない。もう少し待てばREITの1つや2つは償還に追い込まれ、それらに土地や建物を提供してきたデベロッパー達も廃業に追い込まれると思うのですが、まだまだ頑張ってます。

投資の鍵を握るのは時節を待つことなのですが、これがまた結構退屈なんですよね。。

コメントを残す