最近のICOについて思うこと

image

先月の投資成績です。kackyファンドは仮想通貨の相場の下落により先月比でマイナスとなってしまいました。先月はイケイケだった投資成績もあっという間に平凡な記録に逆戻りしてしまい残念です・・・(´・ω・`)変な色気を出さずにひふみプラスに預けて寝てた方がよいのかもしれません。相場の上下はわからないので受け入れるしかありません。年初からはプラスなのでまだまだ頑張りますよ。

さて、これまで仮想通貨に投資をして5ヶ月ほどが経ちました。中でもICO投資と呼ばれる新たなcoinやtokenが発行されるものは新しい時代の幕開けを感じさせるとてもわくわくするものです。ここについて思うことがあるので書いてみたいと思います。

まず、残念なお知らせとしては、これからのICOでは、新たな時代を切り開くような画期的な「通貨」は誕生しないだろうということです。私は、「通貨」としてのブロックチェーン技術はすでにbitcoinやethereum、litecoin、ripple、DASHといったすでにリリースされた通貨とそのアップデートによって世の中の仮想通貨の需要は満たされてしまうだろうと思います。これからも様々な暗号通貨が生み出されていくのでしょうが、そのほとんどは「bitcoinやethererumでできること」をもっともらしく言っているだけに過ぎないでしょう。新しい通貨が値上がりして大金持ちになることはすでにファンタジーの世界になりつつあります。

しかし、ICOには別の発展の手段があります。それはスタートアップが資金調達を行う手段としてのtokenの発行です。これはまだまだ成長の余地があると思います。今までの投資、特にスタートアップに対する投資というものは自国に対してのものに限られてきました。これは通貨が自国だけで通用するものであるということ、証券取引所や証券ディーラーが自国に対してしか門戸を開いていないことが要因としてあります。しかし、ICOは仮想通貨を持っていれば、国境を越えてスタートアップに対して投資をすることが可能になります。(ただし、国の法律の規制があります)

このケースのICOは、「仮想通貨の発行」というものではなく、「スタートアップへの投資」という意味合いになります。これは従来のIPOでなされていた投資とほぼ同じ性質を持つと考えられます。つまり、そのスタートアップの株を保有数ことと同義です。ということは、通常の株式投資と同様に

  • その会社のビジョンは実現可能か
  • その会社は社会から必要とされるか
  • Tokenホルダーに対する恩恵(配当や優待など)は存在するか

といったことが重要になってきます。これを見抜くことは容易ではないですが、きちんとwhitepaperを読むだけでも、ICO詐欺のような案件から身を守る手段となります。

私は仮想通貨には世の中のお金の流れを変えてほしいというビジョンを持っていて、このビジョンに寄与するICOへはすでにいくらかの投資を始めています。日本の法律の規制がどうなるかわからないのですが、継続できる限りはやっていきます。既存の仮想通貨への投資と併せて、長期的に莫大なリターンが出てくれるとうれしいなと期待しながら待ちます。

 

そういえば、国内の仮想通貨取引所の登録業者がついに発表されましたね!コインチェックが選ばれなかったことが意外でしたが、SBIバーチャルカレンシーズも選ばれていました。いよいよ大手が仮想通貨取引所に参戦して面白くなってきそうです☆

 

それでは今月も長期投資でいきましょう!

 

 

 

仮想通貨の嵐

image

先月の投資成績です。

kackyファンドは今月も順調に利益を重ねて過去最高益を更新しました。今年は大きな下落もなく気持ちが悪いくらい順調です。ずっとこんな感じで行ってくれればなんの不安もなく老後を迎えられますけど^^まあそうもいかないでしょうね。

一方で仮想通貨投資の方は例のビットコインのハードフォークの話題で相場は上下動激しく嵐のようでしたorz 結果としてはビットコインキャッシュという中国の採掘者が主体の新通貨がひょっこり誕生して話題をさらいましたが、すぐに下落して、結局はビットコインだけが上がるというものでした。kacky仮想通貨ファンドの方は嵐にもまれもまれて結局ちょっと損をしました(´・ω・`)

ただ、この嵐のなかで仮想通貨に対するスタンスについて考えることができ、長期的なスタンスを確立することができたので無駄ではなかったかなと思います。株式投資も10年かかってここまで利益を出せるようになったので、仮想通貨投資に関しても、一時の変動に惑わされずに長期的成長をみて資本を投下できたらよいかなと考えています。ビットコインキャッシュはもう売っちゃいましたけどね。近いうちに仮想通貨の投資成績もサイドバーに出せるようにプログラミングしてみたいと思います。ご期待下さい。

 

それでは今月も長期投資で行きましょう!

仮想通貨の実力と価格

image

先月の投資成績です。先月も投資の方は順調に推移しました。過去最高益を更新していますが、株式ファンドに比べると順位は少し下げています。株式ファンドに比べれば債券を多めに投資しており、リスクは低くなっていますので気にしないでおきます。配当や債券の利息をもらって資金的にも充実してきましたので余裕をもって長期投資していきます。

さて、先々月から仮想通貨への投資をはじめて見ました。大手といえるbitcoinやetherium、rippleに加えてIOTAという新手のコインも購入しています。せっかく手に入れた仮想通貨ですから、実際に送金をしてみてどれくらいの時間で送金が完了するか実験してみました。

通貨 手数料 送金にかかる時間
ビットコイン 0.0005BTC(142.5円) 30分程度
リップル 0.15XRP(4.2円) 1分程度
IOTA 無料 1時間程度

 

という結果で、送金のコストパフォーマンスではリップルが圧倒的でした。IOTAは手数料が無料というところを売りにしていますが、送金が承認される時間を考えるとまだまだ実用には遠いと感じました。

とはいえ、これは現在の実力であり、将来どうなるかはわかりません。また、送金の速度やスループットと通貨の価格が相関するかもわかりません。今の価格はまだ実用化されていない段階での投機的価格と言われても仕方がないところではあります。しかし、リップルは手数料と送金時間はかなり実用に耐えうる性能といえますし、IOTAも今後の開発によって性能面が克服できれば今後の決済手段として有望となりえるかもしれませんので期待したいと思います。あと仮想通貨で一番肝心なのはセキュリティですね。いくら便利で有望であってもあっさりと盗まれてしまっては安心して投資できません。このあたりについても勉強と実践をしていきます。

快調に過去最高益を更新

image

先月の投資成績です。先月は相場の状況がよくkackyファンドも大幅に過去最高益を更新することができました。国内株と確定拠出年金の利益の伸びが大きいです。ここまで利益を得ていることは正直、投資をはじめたときは想像していませんでした。2008年のリーマンショックの時は本当に暴落を食らって大損を抱えていましたから、あのときに投資をやめなくてよかったですし、長期投資を学んでよかったなと思います。株式を一部売却して仮想通貨に投資しましたが、損益をこのグラフに載せるのはしばらくはやめておきます。技術的に難しいですし、このブログの投資とはまた異種のものですからね。もう少し市民権を得て、相場も取得しやすくなったら載せることも検討します。

目標は長期的に資産形成を成功させて、将来や老後への不安をなくして悠々自適に暮らす未来ですね。それまではのんびりと投資を続けたいと思います。

 

それでは今月も長期投資で行きましょう!

株を売って仮想通貨を買ってみました

はじめに

最近はbitcoinを筆頭として仮想通貨に関する話題がいっぱいです。私も興味があるものの中々踏み切れなかったのですが、投資の一部として仮想通貨を購入してみました。購入した仮想通貨ですが、会社の後輩のススメもあり、一番ホットなリップル(XRP)を買いました。原資としては株を一部利益確定をしてそのお金を振り向けました。

購入するにあたり、自分なりに勉強しました。

  • XRPを購入するにはXRPとの交換をサポートする仲介業者(ゲートウェイ)に口座を開く必要がある
  • 仲介業者には、東京JPY、Mr.Ripple、coincheckがある
  • 仲介業者はそれぞれの方法でリップルネットワークに接続されていて、日本円とのやりとりは別個に行われる。つまり東証のような集約的な取引所は存在せず、各々で異なる為替レートとなる
  • XRPを購入するにはまず仲介業者に日本円を入金してJPYというIOUを受け取る必要がある。IOUは日本円をXX受け取りましたよという約束手形のようなものであり、1円=1JPYとして扱われる。JPYを日本円を等価に交換するかどうかは仲介業者が保証するものであり、カウンターパーティーリスクが存在する。つまり、仲介業者が倒産した場合JPYは無価値になる可能性がある。

株を取引する場合と違うのは後半の2つです。業者によってレートが違うため、業者を見極める必要が出てきます。実際取引してみましたが、まだまだ流通量も少ないため、業者によって購入できるレートがかなり違うことがわかりました。また株式や投資信託は金融商品取引法(第43条の2)で顧客資産の分別保管が義務づけられているため、もし証券会社が倒産しても自分が持っている資産が失われることはありません。しかし、仮想通貨はその義務はないため、自分が保有する資産がどのように管理されるかは仲介業者次第ということになります。マウントゴックス事件のように『倒産しました、顧客の資産もなくしました』みたいなことも起こりえるということです。このため、資産の保全体制も注意を払う必要あると感じました。感覚としてはFXの店頭取引所に近いものがありますね。

 

ということで、リップルの購入を実践してみましたよ。

1. リップルの仲介業者を選ぶ

まずはリップルの仲介業者を選ぶところです。色々とネットでリサーチして、東京JPY発行所と、coincheckの2つに口座を開くことにしました。両方ともいろいろと特徴が違うため、どちらがよいか使いながら見極めようかなと思ったためです。Mr.Rippleはキャンペーンの金額は魅力的でしたが、ネットでの評判がすこぶる悪かったのでやめましたw

2. 口座を開設する

口座の解説は両者ともネット上でできます。メールアドレスとパスワードを入れて各種情報を入れれば完了です。また、最近は法律が運用されているため、身分証明書をアップロードする必要があります。

3. 住所確認のため簡易書留を受け取る

両方の業者ともに住所が架空でないかを確認するため簡易書留を発送してくれます。これを受け取ることで初めて口座開設が完了となります。発送から受け取りまで1日~2日ほどかかります。

4. 口座に入金してJPYを受け取る

口座にお金を振り込んでJPYというIOUを受け取ります。coincheckは特に問題なく入金ができましたが、東京JPY発行所の方はここの段階で躓きました。東京JPY発行所では取引はgatehubという別のサイトを使いますが、こちらのリップルアカウントがいつまでたってもアクティベートされませんでした。20XRP口座にないとアクティベートされず、いつ入るのかなと待てど暮らせど来ないのでしびれを切らして問い合わせメールを送ったところ、無事にアクティベートされましたw

5. XRPを買う注文を出す

JPYを受け取ったら、XRPと交換する注文を出します。ここはcoincheckと東京JPYでは異なり、

coincheck : 購入金額を入れると勝手にレートが提示される。購入ボタンを押すとその場で約定(成行)

東京JPY : 購入金額と希望のレートを入れる。取引所でその値段で応札されれば約定(指値)

といった感じでした。coincheckはすごく癖があり、購入量によってレートが変わります。多ければ安くなるかというとそうでもなかったりして、どういうふうに計算しているか謎です。まあ、業者側が儲かるようにそれなりにレートに上乗せしているのだと思います。東京JPYの方は株の取引とほとんど同じ形ですが、ここでも苦戦を強いられまして、10万円分の注文を出そうとしても『Insufficient XRP reserve』というエラーが出て注文がはねつけられてしまいます。どうもたくさんの買い注文を出すためにはそれなりのXRPを持っていないとダメなようで、最初は少額の注文(100XRPくらい?)を成立させてXRPを保有しないといけません。そのあたりはドキュメントがないのでよくわかりませんでした。

 

まとめ

ということであれやこれや躓きながらなんとかXRPを買うことができました。2つの業者を試してみましたが、

coincheck : 口座開設からXRP購入まで手早い。注文もスムーズですぐにXRPを買える。

東京JPY : 正式ゲートウェイという安心感。明朗会計、手数料安い。指値注文できる。ただマニュアルが貧弱で手間取る

といった特徴がありました。ざっとまとめると安心感を取るなら東京JPY、スピードを取るならcoincheckがよいと思います。とはいえ、XRP自体がまだまだ取引量がすくなくマイナーな通貨であり、この1週間でもとても激しい値動きを見せました。このため読者の皆様全員にぜひお勧めできる投資法ではないかと思います。しかし、ビットコインが切り開いた仮想通貨の市場はすでにイーサリアムやリップルといった次世代通貨に受け継がれ、そのうち主役交代の時期が来る気がします。また、より決済や送金と入った処理の利便性が認められれば、より多く流通し、安定した価格形成がされることが見込まれます。私はそのときを信じてしばらくはなかったことにして気長に保有します。なくなったりしないように2段階認証をかけてgatehubに保管しておきます。儲かったらそれはそれでうれしいですけど☆

月中は凹みましたが結果的には

image

先月の投資成績です。

先月は浮き沈みの激しい月で月中はトランプ政権に対する懸念や朝鮮半島の情勢不安定によって株価が大きく下落する場面がありました。しかし月末にかけては再び株価が上昇して結果的にいうと1ヶ月間でほとんど結果が変わりませんでした。kackyファンドとしては下がったときに積立をすることができたのでまあよかったのではないかなと思っています。短期のトレーダーとしては裏を取られて壊滅的な打撃を受けたり、はたまた大もうけをしたひともいるかもしれません。しかし、長期投資家としては何も変わらない穏やかな月。同じ1ヶ月でも長期投資と短期投資で大きく見方が異なるところはとても面白いですね。穏やかでいることは長期投資を続ける上でとても大切なことです。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

過去最高益達成!

image

先月の投資成績です。1月に引き続き、kackyファンドの利益は好調に推移して、1年ぶりに過去最高益を更新しております。主力の葬儀屋株が大きく利益を伸ばし、確定拠出年金も好調。私は口座の利益額を見てニヤニヤが止まりませんw日経平均もまだまだ2万円に届いていないくらいですしまだまだいけそうな気もします。こういう感じでいるとこの好調にあやかりたいと株を始めたりする人も増えてくるかもしれませんね。しかし、たった1年前には不安のどん底にいたわけですから油断は禁物です。トランプ政権の政策もどうなるかはわかりませんし、東芝のように落ちぶれてしまう会社も出てきます。山っ気を出さずに気長に長期投資を堅持することがやはり一番良いように思います。結構な金額(かみさんには言えないw)稼いだし、もう株式投資やめてもいいかなと思ったときもありましたが、まだまだ頑張れそうです。

 

それでは、また長期投資で行きましょう!

昨年の振り返りと今年の投資戦略

image

kackyです。新年あけましておめでとうございます。

2016年の結果も出そろい、集計も終わりましたので毎年恒例の振り返りと今年の投資戦略を展望したいと思います。2016年は早々に株価が下落し、その後英国がEU離脱を決定したり、トランプ氏が大統領に当選したりと大方の予想を覆す出来事が多発し、難しい局面が続きました。結果的には10月から株価が爆上げして、年間通してプラスになりました。何も考えずにじっとバイ&ホールドしておけば儲かっていたわけですが、私に邪念があったばかりに株を手放してしまい、上昇に乗り切れずに年間プラスをわずかに達成できませんでした。グラフにベンチマークしている中では6ファンド中5位となんとか最下位を避けるのが精一杯でした。これも私の投資力の弱さです。反省反省です。。。

さて、昨年立てた目標は次のとおりでした。

  • 累積リターン +55%
  • 最大損失(対前年評価額) –10%未満
  • 投資コスト(税金+手数料)前年比30%削減

この目標に対してはどれだけ達成できたでしょうか。

  • 累積リターン+48.52% 達成ならず…
  • 最大損失 –6.9%(2月29日) 達成!
  • 投資コスト 32792円→17900円(45%削減) 達成!

ということで、リターンの目標は達成できなかったものの、損失とコスト面では目標を達成できました。1年を通じて目標に向かって投資ができたことは自分としてもいい傾向だなと思います。

コストの内容としては

税金 14,753円(6,586円減)

手数料 3,237円(7,602円減)

と、どちらも大きく削減できました。これはNISA口座の利用による配当にかかる税金の削減、取引を減らすことでの手数料の削減の両方ができたことが効いています。きちんと長期投資を実践したことで10000円以上のコスト削減ができました。コストは地味ではありますが確実に影響を与えますから今年もコスト意識は大切にしていきます。

 

次はアセットごとの利益率(預金、DC除く)です。

名称 1年前 現在 利益率
国内株式 30.8% 51.7% +5.2%
国際株式 35.2% 0.3% -12.7%
国内債券 34.0% 48.0% +1.3%
国際債券 0% 0% 0%

 

またまた国際株式が足を引っ張る形になりました(´;ω;`)

しかも昨年はトランプ相場の時にちゃんと持っていれば・・・といった展開だっただけに手放してそのまま買えなかった自分を殴ってやりたい気分です。。海外株は為替リスクもあるのでなかなか危なっかしくて持っていられないところが難しいです。ぶっちゃけると、怖いんですw

そういうこともあり、今年はNISAで海外株のインデックスファンドを買って鬼ホールドすることにしました。これが一番効果あると思います。いまいち使われていないという評判のNISAですが、kackyファンドではめちゃくちゃ大活躍しております。一番の要因は、NISAで買うと売る気がしなくなることですね。これは何気にめちゃくちゃ大きいと思っています。NISA口座って金額に制限があって一度売ってしまうとその枠は二度と復活しないのですよね。このため一度買ったら期限(5年間)まで売らずに持っておくことが最善策となります。この結果が長期投資を実践できる秘訣ですね。5年が長期なのかという議論はさておき、今の含み損益は

  • NISA口座 +31.8%
  • 特定口座 –12.3%

いうように結果は歴然としています。バイ&ホールド最高です。

 

今年の目標アセットアロケーションです。

  • 国内株式 現状維持(45%)
  • 国際株式 NISA買い(10%)
  • 国内債券 現状維持(45%)
  • 国際債券 引き続きゼロ(0%)

海外株インデックスをNISAで買う以外はおとなしくしてればいいかなというところです。相場が大きく動いたらなんかしちゃうかもしれませんが、我慢しますw

今年の目標設定も昨年とほぼ変えずで。

  • 累積リターン +55%
  • 最大損失(対前年評価額) –10%未満
  • 投資コスト(税金+手数料)前年水準キープ

投資コストはだいぶ削減しきったので前年水準をキープできればいいかなと思います。

 

今年はちゃんと長期投資します(苦笑)。今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

まさかの団子状態

image

先月の投資成績です。

アメリカ大統領選挙は予想に反してトランプ大統領誕生となり、株価は暴落か・・・と思いきや海外株式は爆上げして完全にトレンド転換と相成りました。特に意図はなく集めたファンド(むしろ投資対象はばらけさせている)ファンドが1%の間に5つも入るという大混戦になりましたw

kackyファンドはというと、トランプ大統領誕生の瞬間に海外株式に200万くらいの買い注文を入れたもののキャンセルしてしまって完全にトレンドを取り損ねた上に業績を下方修正したコロプラさんを買ってしまって今はとにかく堪え忍ぶターンになっています(´・ω・`)今年のプラテン達成も難しい模様です。。とはいえ、私の投資額の中でもそれなりに大きな額であり、また老後の資金として重要な役割を担う確定拠出年金がプラテンまであと少しの見ても悲しくない損失額まで回復したことは朗報と言えます。まだ損失ですけどね。投資生活はこれから先も長いので、ここで一喜一憂せずに長期的な利益達成とコロプラさんの再生を生暖かく見守りたいと思います(*^_^*)プラスに転換するとあとはするすると入ったりしますからね。

それでは、これからも長期投資で行きましょう!

(仕事が忙しくてブログの更新ができず、投信ブロガーが選ぶFund of the Yearに投票できなくて悲しかったです。。)

11月の株価はいかに?

image

先月の投資成績です。先月は国内株式が飛躍を遂げました。kackyファンドもそこそこ上がって今年のプラス転換が見えてきたのですが、日経平均やひふみプラスはそれ以上の躍進でしたね。

しかし、今月は米国の大統領選挙が控えていて株価は上にも下にも大きく動きそうです。最終的に誰が選ばれるのか、そして株価はどうなるのかは誰にもわかりません。ただ、自分としてはまだ投資余力を残しているので、絶好の投資機会が訪れてほしいなと期待しています。

ところで、この時期になるといつもは投信の積み立てキャンペーンが来る頃なのですがこの秋は来ていないですね。あのキャンペーンなくなってしまうのでしょうか。キャンペーンを狙って投信の積み立てを開始しているだけに残念です・・・。