めげずに仮想通貨に投資します!

image

先月の投資成績です。先月もわずかながらに下落してしまい、3ヶ月連続での下落となってしまいました。

原因は主に仮想通貨です。なかなかいいところを見せられずただただ下がるのを眺めるブログになっておりますw正直今年は残念無念ですが、めげずに先月も追加資金を仮想通貨に投資しました。現在、仮想通貨はETH、BCH、XRP、NEOに絞って投資しています。今年は現状大損を喫しておりますが、まだトータルではプラスですし、なんやかんやでこれらの通貨は粛々と開発が続けられていて、年末にかけて復活したらとか、2020年くらいにドカンとプロの投資資金が流入したらどうなるかームフフ( ´艸`)とか妄想しながらなんとかやっております。もちろん株式投資も元気に続けておりますよ!こちらもまだ今年はプラスになりきれてないのですけどね・・・。kackyファンドは億り人狙いますよーwww

 

それでは、今月も長期投資でいきましょう!

仮想通貨は地を這う・・・

image

先月の投資成績です。

時間がとれず、更新があいてしまいました。先月は宣言通りに仮想通貨の買い増しを実行しましたが、私の仮想通貨買いは逆指標のようで相場はずるずると落ちていき、今年最安値付近をうろうろしております。 ・゚・(ノД`;)・゚・ 。

一方、株の方は低迷から明るい兆しが見え始めてきました。積立も長らく赤字に落ち込んでいましたが、それを取り戻してプラスに転換しております。特に海外株式、海外REITの上昇幅が大きいですね。なのでトータルではそんなに損してない(いや下がってるけどw)ってことで無問題としておきますww

投資は息が長いのです。こうして低迷してしまうときも多々ありますが、自分の未来を信じて淡々と積みましていこうとおもいます。買うなら今ですよ、きっと!

 

それでは今月も長期投資で行きましょう!

仮想通貨で仕掛ける!

image

先月の投資成績です。もろもろ忙しくてブログの更新に手がつけられませんでしたm(_ _)m

仮想通貨は4月に底を打ったものの再び下落してしまいました。まだまだ上昇するには時間がかかるといったところでしょうか。しかし、幸いにも株価の方は上昇傾向にあるため、投資全体としてはまずまずといった感じがします。

そして、昨日もそこそこの暴落がありまして、どこまで下がるのかわからない仮想通貨ですが、今月、来月とkackyファンドはそこそこ大きな額を仕掛けるつもりであります。できればこの時期にかけて相場が下がってくれるとうれしいなとか思ってみたり。仮想通貨、ブロックチェーン技術は法律的にも市場的にもまだまだこれからのものです。そして着実に資産として、投資手段やアプリケーションマーケットとして根付いていく感覚を得ているのでぶれずに投資し続けたいと思います。

最後に今後の仮想通貨の投資方針をお話しします。最近はICOや小型の仮想通貨には手を出さず、ETH、XRP、BCHといった主要通貨に集約し始めています。というのも近頃はBTC、ETH、XRP、BCHといった主要通貨とそのほかの通貨との時価総額が決定的に離れてきてしまいましたし、ICOも募集額を割れてしまうような失敗プロジェクトに終わるものが増えてきました。仮想通貨としての役割としては主要通貨の機能で事足りる気がしますし、ETHはトークンエコノミーの中心にいますので、個別のトークンにいちいち金を出すくらいならETHを買ってたらそれらを総合的に保有してるのと同じじゃんと思えてきます。ということでkackyファンドは今後はETH、XRP、BCHを買って他は買わないつもりです。ちなみに私はアンチビットコインです。

では今月も長期投資で行きましょう!

コインチェックはマネックスが買収ですって

image

先月の投資成績です。

仮想通貨は3ヶ月連続で下落してしまい、昨年末に頂点を極めた仮想通貨バブルは見る影もなくはじけてしまいました。いやはや世の中厳しいですねー。まあ私はそれでもトータルプラスなのでよいですけど。。今のところは復活の兆しが見えません。どうにもこうにもなるものではないので、長い目で見て復活を待つしかありませんね。余力ができればちまちま買い増ししたいです。

さて、仮想通貨界隈の悩みの種であったコインチェックに、救世主が現れた模様です。いやぁ、マネックスですか。これは思い切りますね。確かに最善のシナリオとして、何ヶ月かでセキュリティを含めた仮想通貨の取引体制が構築されて、仮想通貨交換業者の登録にこぎつければ36億円という買収額は安い買い物と言えるでしょう。しかし、コインチェックのシステムは取引所を営むにはあるまじきザル運営だということが明らかにされてしまったため、実質システムを一から作り直すに等しいものになりそうです。

同じく大手ネット証券地盤のSBIバーチャルカレンシーズ。当初は昨年夏に開業予定だったものが、延期を重ねてまだ開業の目処が立っていない状況です。仮想通貨の取引システム、保全システム構築は高度な技術や検証を必要とするため、簡単には行かないでしょう。まあ、仮想通貨交換業者の登録の可否は金融庁のさじ加減次第とも言えるので、そのあたりはのらりくらりと引き延ばせる勝算があってのことかもしれません。

私は正直一取引所がどうなろうとそれほど関心がないのでここまでにしておきます。仮想通貨が金融資産をますますボーダレスにしてこれまでにないお金の在り方を見いだしてくれることを願います。

 

それでは今月も長期投資で行きましょう!

波乱の幕開け

image

先月の投資成績です。

2018年の年初は仮想通貨大暴落の月となりました。先月と比較してビットコインで半値以下、リップルは3分の1になったり、他のコインはそれ以上下がったりと散々な結果です。そして極めつけは月末のコインチェック事件であり、先月は仮想通貨投資にとってはいいことがない月でした。kackyファンドも残念ながら例に漏れず株式投資に比べてダントツの最下位となりました(´・ω・`)もはやグラフが崩壊・・・

しかし、仮想通貨投資はまだ利益を出せている水準ですし、これから将来も期待できるテクノロジーだとは思うのでまだまだ引かずに続けていく所存です。これから仮想通貨投資をやりたい人にとってはこの暴落はある意味チャンスと捉えることもできます。

そんなこと言ってる間に株価も崩壊して全部オワタになる可能性も否定はできません。まあ、そこはリスクとリターンをよく考えて、許容できる範囲内で皆さんも投資をしていただけたらなと思います。

bitcoin暴落

それでは今月も長期投資で行きましょう!

昨年の振り返りと今年の投資戦略

今年も、例年通り昨年の振り返りと今年の投資戦略を展望したいとおもいます。

昨年は株式にとってもよい年でしたが、それ以上に仮想通貨の値上がりが目立つ1年となりました。kackyファンドの利益の9割以上を仮想通貨がたたき出す異常事態でした。そんなこともあり、株式投資についてはとくにやることもなく低コストで過ごせた1年でもありました。

昨年立てた目標は次の通りです。

  • 累積リターン+55%
  • 最大損失(対前年評価額) –10%未満
  • 投資コスト(税金+手数料)前年水準キープ

さて、どれだけ達成できたか

  • 累積リターン +175.61% 達成!
  • 最大損失 ゼロ 達成!
  • 投資コスト 17900円→22086円 (まずまず)達成!

ということで、投資コストが若干あがったものの、目標としてはすべて達成することができました。仮想通貨によってリターンの数字が目立ちますが、損失(リスク)やコストに対しても目標を達成していて、健全な運用ができていてとてもよいことです。

コストの内容ですが、

税金 20,555円(5,802円増)

手数料 1,531円(1,706円減)

と、手数料は昨年より減少したものの、税金が増加してしまいました。これは、社債を昨年よりも増やしたために利息に対する税金が増加してしまったためです。これはポートフォリオの作成上致し方ない面があります。投資資金に対しての比率ではそれほどインパクトはないため、健全な運用を保っています。

 

次はアセットごとの利益率です(預金、DC除く)

名称 1年前 現在 利益率
仮想通貨 0% 70.4% +432.4%
国内株式 53.5% 13.4% +57.6%
国際株式 0.3% 3.1% +11.2%
国内債券 46.2% 13.1% +1.0%
国際債券 0% 0% 0%

 

といった感じで、仮想通貨の利益率が突出していて目立ちませんが、他のアセットも十分以上の利益を出していることがわかります。本当に昨年は投資リターンが多い1年でした。今年も続けばよいですが先のことは何もわかりません。

仮想通貨の不確定要素が強すぎてどうなるかわかりませんが、アセットアロケーションを設定しておきます。

  • 仮想通貨 現状維持、場合によっては利確(50~70%)
  • 国内株式 やや買い(10~20%)
  • 国際株式 積立NISA買い(3~5%)
  • 国内債券 満期償還(10%)
  • 国際債券 引き続きゼロ(0%)

と、いろいろリスクも勘案して幅を持たせることにします。展望としては社債の償還が見込まれるので、そのお金は主に株に回したいと思います。あと、仮想通貨を利確した場合、どこで運用するか困っていますが、おそらく株式で運用するでしょう。仮想通貨の比率が高くて非常にリスクが高い状態ですが、税金との兼ね合いでいかんともしがたいです。

目標もリスクが高いので難しいところです。

  • 最大損失(対前年評価額) –50%未満
  • 投資コスト(税金+手数料) 前年水準キープ

ということで、最大損失を-50%に置かせていただきました。今年は本当にどのくらいまで損失を下げられるかが見ものです。

 

今年1年も健全な長期運用を目指します。読者の皆様、今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

仮想通貨マイニングを始めたい方へ

あけましておめでとうございます。今年もkackyの投資生活をよろしくお願いします。

さて、2017年は仮想通貨が非常に飛躍した1年でした。今年から、仮想通貨への投資を始めたいという方も多いのではないでしょうか。その中にはただ買うだけでは足りず、マイニングで収益を上げたいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

マイニングって何?という人に一応解説をしておくと、マイニングとは仮想通貨にとって取引の承認を手伝う行いで、自分のコンピュータのCPUやGPUのパワーを提供することで実施できます。そしてマイニングの貢献によって仮想通貨を得ることができるという仕組みです。ネットを見ればいろいろとわかりますので探してみてください。

仮想通貨のマイニングとは?

 

ただ、マイニングで収益を上げるためには

  • 自分に適した仮想通貨を選ぶこと
  • マイニングプールを選ぶこと
  • 適切なマイニングソフトを使うこと

の3点が必要になってきます。

 

まず、自分に適した仮想通貨ですが、有名なbitcoinやethereumをマイニングしようとしても今や競合が強すぎて個人ではほとんどマイニング収益が得られないようになってきました。個人でマイニングをするのであれば、Moneroという通貨をマイニングするのがオススメになります。

 

Moneroをマイニングするためにはまず、収益を入金するアカウントを作成する必要があります。

ウォレットサービスMyMoneroの使い方

こちらを参考にアカウントを作ってみてください。

 

マイニングプールの選び方ですが、

  • 手数料がお手頃
  • プールのハッシュレートが高い(ハッシュレートが低いと収益を得られる確率が下がる)

といった観点で選ぶとよいです。手数料は安いに越したことはないですが、無料のサービスですとインフラが脆弱で時々マイニングが途切れてしまうなどの弊害もあるので無料がよいとはいえなかったりします。

現状はコストとハッシュレートのバランスがよいsupportXMRあたりがオススメになります。こちらを参考にすればすぐにマイニングを開始できます

Ryzen7 1700でモネロをマイニングしてみた(supportXMRpool)

 

最後にマイニングソフトに関してですが、サイトで紹介されているxmr-stak-cpuがハッシュレートもよくオススメになります。

が、プログラマーの私はxmr-stak-cpuをベースに少し改良を加えてハッシュレートをよくしたバージョンを公開しました。

https://github.com/kackyt/easy-mining-mac/releases

こちらにwindows、mac、linux版を用意したので、こちらで実行するとハッシュレートが気持ち(10%くらい?)向上します。今後もいろいろと改良を行っていければいいなと思っています。

 

プログラミングの力で仮想通貨の世界に貢献できるって楽しいですね。皆さんも、ご自宅のPCの力を使って仮想通貨の世界へタッチしてみませんか?

The 仮想通貨 year

image

今年の株式取引が終わったので、今年の利益をまとめてみました。

今年の5月から仮想通貨投資をはじめたところ、とんでもない利益をたたき出して、kackyファンドを投資リターンレースの圏外へ突き抜ける成績をたたき出しました。というか、つい1ヶ月前までは平凡な結果だったのに、12月だけでどれだけ伸びたか。

+25%+139%

とまあ、ざっくりいって1ヶ月だけで私の投資マネーは倍以上に跳ね上がったわけです。これは全てアセットを合わせた結果でして、仮想通貨だけの成績で言うと今年1年で+468%と5倍以上に跳ね上がったことになります。これは一体何なのか、夢でも見ているのかとんでもないことをしでかしたのか、なんだかよくわからないうちにそこそこの仮想通貨長者になってしまいましたw

いや、株式投資もかなり頑張りましたよ。2017年は時価総額でバブル期を超えたそうじゃないですか。kackyファンドも+10%以上は稼いでいて上々の1年でした。長期投資してよかったですねチャンチャンで終わる予定だったところにこの仮想通貨ゴールドラッシュが来たのでなんだか逆に戸惑っています。

ここまで来るとうっかり売ってしまうと巨額の利益が確定してしまい、払う税金も跳ね上がるために売るのを躊躇してしまう自分がいます。研究室のOB会で先輩には「今年はバブルだから、来年は暴落するから早く売った方がいいよ」と言われました。確かにその通りかもしれません。ただ、まだ1年も経ってないのに売る気なかったですし、売って税金払うために現金を抱えておくのも馬鹿臭いし、まあいっかと思って結局売らないかもしれませんw何度も言いますが、私は長期投資家なんです。短期売買なんて向いていないのはもう10年くらい前に身にしみたのです。

image

とまあ、いろいろありましたが、2017年はいい年になった気がします。来年2018年の相場はどうなるかわかりませんが、仮想通貨というネタが増えてブログがもう少し面白くなってよい1年になることを期待しています。

 

皆様にとっても来年1年よい年でありますように。来年も長期投資で行きましょう!

仮想通貨最高☆

image

先月の投資成績です。先月の終わり頃から集計システムがbot扱いされたために更新できなかった仮想通貨カテゴリの集計を再開しました。といっても先々月末まではほぼトントンだった仮想通貨の損益が、先月に入って爆上げしたために、kackyファンドの利益が急激なカーブをあげて上昇しました。仮想通貨の上昇の大きさというか値動きの大きさに驚きを隠せません。確かにこの仮想通貨の値上がりはインターネットバブルを超えるほどの大きさになるかもしれません。ただ、値動きに翻弄されてチャートに釘付けになるようだと日常生活に支障をきたすのでほどほどにしておいた方が良さそうです。私は仮想通貨も株式と同じく分散投資で長期投資を心がけていきます。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

最近のICOについて思うこと

image

先月の投資成績です。kackyファンドは仮想通貨の相場の下落により先月比でマイナスとなってしまいました。先月はイケイケだった投資成績もあっという間に平凡な記録に逆戻りしてしまい残念です・・・(´・ω・`)変な色気を出さずにひふみプラスに預けて寝てた方がよいのかもしれません。相場の上下はわからないので受け入れるしかありません。年初からはプラスなのでまだまだ頑張りますよ。

さて、これまで仮想通貨に投資をして5ヶ月ほどが経ちました。中でもICO投資と呼ばれる新たなcoinやtokenが発行されるものは新しい時代の幕開けを感じさせるとてもわくわくするものです。ここについて思うことがあるので書いてみたいと思います。

まず、残念なお知らせとしては、これからのICOでは、新たな時代を切り開くような画期的な「通貨」は誕生しないだろうということです。私は、「通貨」としてのブロックチェーン技術はすでにbitcoinやethereum、litecoin、ripple、DASHといったすでにリリースされた通貨とそのアップデートによって世の中の仮想通貨の需要は満たされてしまうだろうと思います。これからも様々な暗号通貨が生み出されていくのでしょうが、そのほとんどは「bitcoinやethererumでできること」をもっともらしく言っているだけに過ぎないでしょう。新しい通貨が値上がりして大金持ちになることはすでにファンタジーの世界になりつつあります。

しかし、ICOには別の発展の手段があります。それはスタートアップが資金調達を行う手段としてのtokenの発行です。これはまだまだ成長の余地があると思います。今までの投資、特にスタートアップに対する投資というものは自国に対してのものに限られてきました。これは通貨が自国だけで通用するものであるということ、証券取引所や証券ディーラーが自国に対してしか門戸を開いていないことが要因としてあります。しかし、ICOは仮想通貨を持っていれば、国境を越えてスタートアップに対して投資をすることが可能になります。(ただし、国の法律の規制があります)

このケースのICOは、「仮想通貨の発行」というものではなく、「スタートアップへの投資」という意味合いになります。これは従来のIPOでなされていた投資とほぼ同じ性質を持つと考えられます。つまり、そのスタートアップの株を保有数ことと同義です。ということは、通常の株式投資と同様に

  • その会社のビジョンは実現可能か
  • その会社は社会から必要とされるか
  • Tokenホルダーに対する恩恵(配当や優待など)は存在するか

といったことが重要になってきます。これを見抜くことは容易ではないですが、きちんとwhitepaperを読むだけでも、ICO詐欺のような案件から身を守る手段となります。

私は仮想通貨には世の中のお金の流れを変えてほしいというビジョンを持っていて、このビジョンに寄与するICOへはすでにいくらかの投資を始めています。日本の法律の規制がどうなるかわからないのですが、継続できる限りはやっていきます。既存の仮想通貨への投資と併せて、長期的に莫大なリターンが出てくれるとうれしいなと期待しながら待ちます。

 

そういえば、国内の仮想通貨取引所の登録業者がついに発表されましたね!コインチェックが選ばれなかったことが意外でしたが、SBIバーチャルカレンシーズも選ばれていました。いよいよ大手が仮想通貨取引所に参戦して面白くなってきそうです☆

 

それでは今月も長期投資でいきましょう!