株式市場は小休止

先月の投資成績です。

株式市場は月末に急落し、混沌としてきました。kackyファンドは見事に急落を食らって首位陥落です(´・ω・`)しかし、他の銘柄は1月と比較するとまだまだ高い水準です。

株式急落の原因の1つは米国債の金利上昇があるようです。金利の上昇は株価の下落に直結します。また、景気の先行きに懸念がある場合にも見られます。株式市場の上昇は一旦小休止を迎えることになりそうです。これからどうなるか、3月は昨年急落した月でもあり、意識はされると思います。短期的に見れば非常に不安な相場となりますが、長期的に見ればまた再び上昇に向かう安値を取れるチャンスともとれますね。あまり短期の不安に縛られずにコツコツと積み重ねることが投資には大切なことです。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

コメントを残す