暗号資産が利益を生み出す

先月の投資成績です。先月は株価が中盤から大きく下落し、通月ではやや下落の月となりました。やはりホワイトハウスのコロナクラスター発生、欧州の再びのロックダウンにより不安心理が大きくなったことが大きいようです。

ところがkackyファンドは暗号資産がビットコインが$13000を超えて大幅に上昇したことにより前月比プラスに着地し、年初来高値を取るという快挙を成し遂げました^^ちなみに株式の損益はややマイナスなため、今年の利益の大半を暗号資産で稼いでいます。1つの資産クラスで損益が影響してしまうのはバランスとしてはよくないですが、リスクヘッジという観点からはうまく機能しているとも捉えられます。長期的にプラスに作用すればよいのでこのままのポートフォリオを維持していきます。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

コメントを残す