kacky的保険論

とある友人から保険についての話をされたので保険について調べだしてしまった今日この頃です。

 

 

結論から言ってしまうと

 

追加で入る必要がある保険はひとつもない

 

ということですが、

 

保険の種類と個人的なコメントをまとめておきました。公的な保険(介護保険、失業保険等)は除外しています。

 

保険の種類 説明 必要度 加入している コメント
生命保険 死ぬとお金がもらえます C 葬儀代が貯蓄できていればいいです
養老保険 死ぬとお金がもらえます、無事満期になるとお金がもらえます D × 貯蓄があれば十分
個人年金保険 高齢になると年金がもらえます D × 結局、貯蓄と変わらず。たいした額がもらえるわけではない。60まで引き出せないなど自由度が低い。
学資保険 子どもの学資のためにお金を貯めます D × そもそも子供居ないw
医療保険 病気にかかるとお金がもらえます C あってもいいけど、結局必要な部分は貯蓄で賄う必要がある。
個人賠償責任保険 モノを壊したときなどの賠償金を補償 B なぜか単独で入れない。
火災保険 火災で家が燃えるとお金がもらえます。 B 持ち家の場合は必須。アパートの場合でも家財くらいは。
地震保険(自然災害保険) 地震で家が壊れるとお金がもらえます。 B 日本はどこで地震が起きてもおかしくない。静岡はいつ地震が起きてもおかしくない。
自動車保険 自動車で事故を起こすとお金がもらえます A 自動車を運転する人は必須です。

 

私がもうひとつコメントを加えさせていただくと、保険ってそもそも人生のリスクを減らして安心を得るためのものですが、

『保険に入って安心出来ることなど大してない』

という事実です。

 

まず、保険のおばちゃんが猛烈に勧める生命保険ですが、私は自分が死んだときに失う損失がそれほど高額であるとは思いません。せいぜい数千万ではないでしょうか。自分が死んだ時に残すものは、保険でなくても貯蓄すれば財産として残せます。

貯蓄として残した場合のメリットは自分が長生きした場合でもちゃんと使えるところです。当たり前の話ですが。

 

もうひとつ、個人年金保険ですが、老後の資金ははっきり言って保険では担保できません。定年から20年生きていくというのに、数百万程度のお金がもらえたところでなんだというのでしょう??

 

むしろ、生きて行く上では

  • 失業してお金が稼げなくなるリスク
  • 長生きしすぎて介護にカネがかかるリスク
  • 悪徳商法に引っかかって財産を失うリスク
  • 嫁さんと別れて多額の慰謝料や養育費を請求されるリスク

等々、いろんなリスクが有るわけですが、そういうものには保険がかけられません。

結局、保険では人生の安心は得られないわけです。

大切な事はちゃんと貯蓄することです。貯蓄最強☆

 

というわけで、kackyはひとり地道にお金を貯めまくります(=゜ω゜)ノ

コメントを残す