[東北地方太平洋沖地震] 今月の積立はやめ、全額支援に回します

皆さんもご存知のとおり、3/11に東北地方太平洋沖地震が発生しました。地震が起きたあとニュースを見て知り、昨日またニュースを見て絶望を感じました。集落全体が津波に巻き込まれ、1万人以上が安否がわからず、原発でも爆発事故が発生しました。

 

この中で自分にできることはないか、思案をめぐらしました。いつもなら月曜日が月例の積立日になるわけですが、今月は全額支援に回したいと思います。6万円は小さい金額ではないですが投資とは所詮、安全、平和な世の中を前提にして利益を得ていく行為だと思います。それが崩れた今、私には投資よりも大切なものに資金を投じたいと考えます。

 

支援先はいろいろ考えた末、ジャパンプラットフォームという特定NPO法人にすることに決めました。

http://www.japanplatform.org/top.html

 

決めた理由としては、すでに具体的な行動を決定している迅速さ、それを随時報告している透明性が挙げられます。日本赤十字は、ホームページが見られなかったり、関係機関と調整が遅れていたりして、ちょっと対応が遅いなという印象です。それ以外のところはまだ支援先すらも決まっていない状態で私としては信頼おけませんでした。

 

継続的に支援が必要と判断すれば、これだけでなく追加の支援も検討してまいります。

 

他にやることとすれば、しばらくエアコンを使うのをやめにしようと思っています。この程度の節電でどんだけ役に立つのかはわかりませんが、被災地の方はもっと悲惨な場所で耐えているわけですから、これくらいの協力は苦になりません。

 

あとは、献血にも協力しようと思います。ただ、皆さんにもしっておいて頂きたいですが、献血は早く一杯すればよいというわけではありません。というのも献血された血は2週間程度しかもちません。現在は医療機関がうまく機能できないため、輸血もうまくすすみません。さらに、400ml献血は3ヶ月に1回しかできないので本当に必要なときに献血ができないという事にもなりかねません

これを踏まえたうえで、きちんと血液センターに問い合せていつ献血にのぞむべきかの情報を得ることが必要かと思います。

他にできることがあればぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

コメントを残す