立会外分売

今月の出費の予備のために貯めていたお金が不要になったので、平塚の葬儀屋サンライフを買おうと指値をしてました。普段は全然約定しないいかにもJASDAQな銘柄なのですが、その日は珍しくあっさり約定したので、『おっ、今日はあっさり決まった。やり〜♪』なぞと思っていたのですが、前日にこんな発表出てました↓

 

株式の立会外分売に関するお知らせ

 

 

待ってればもっと安く買えたんじゃん(´;ω;`)

 

 

というわけで、いつものことながら買いで常に損する私です。まあ、IRを見てない自分がいけないので自業自得ですが。

 

 

ただ、今月はわりと資金に余裕があるのでこれから行われる立会外分売にも参加してみようかなと思います。

 

そこで、あわてて立会外分売に関して勉強してますが、IPOや公募増資と違って、買いの注文はどうやら各証券会社のものが合算されて計算されるみたいです。よって、どの証券会社で注文を出しても同じ条件になりそうです。ただし、買い注文の合計が売り出し予定株数を上回った場合の証券会社に割り当てられる株数に関して明確な答えは得られませんでした。ゆえに厳密に証券会社の差異がないとは言い切れませんが、今回のサンライフの売りは340000株。まあ、買い付け申込数量限界(3000株)買い付ける人が100人いるとは思えないのでまず間違いなく買えると思います。よってどの証券会社で買っても特に変わりはなさそうです。

 

初めての立会外取引ですんでちょっぴりワクワクドキドキです。いつも言ってますが市場で買うの下手なんでいつもこんな感じで買いたいですw

 

長期的に考えると最近の投資は成功する確率が高くなってきた気がします。今の株価が割安なおかげでしょう。特にサンライフは私の保有銘柄ではトップクラスの利益をたたき出してますし、なによりこれから伸びる余地が大きい業種だと思います。だーれも知らない地味な銘柄なんですけどね。そういう銘柄で儲けていきますよ、ふふふ(‾ー‾)

コメントを残す