2009年10月14日

前原大臣の羽田ハブ構想

なんだか今日までは前原大臣の羽田国際ハブ構想で揺れてましたね。私としては利用者の利便性から考えて羽田の国際線の拡充を優先させるのはとても自然な考えだと思いました。

でも、ま、確かに成田空港を抱える千葉県が憤る気持もわからんでもない。確かに言葉尻だけとらえると成田切り捨てととらえかねない。でも首都圏の航空需要から考えて、成田も必要な空港となることは明らか。さすがに前原大臣もそこは分かっているはず。健作君ももうちょっと大人な対応とろうよ、と言おうと思ったら、今日は大人な対応を取っていたのでめでたしめでたし。

でも、正直いって関空の存在価値はよくわかりませんヽ(´ー`)ノ

コメントを残す