2009年7月29日

ぼちぼちな決算

だいぶ決算も出揃ってきました。キヤノンも一時期3000円を割ったときは涙目になりましたが、ふたを開けてみればまずまずの決算でした。中間配当も55円を維持できましたし、耐え抜いてよかったです。でも、まだ3000円台なんですよね。。

ポジショントークはさておき、今期の決算はまずまずといったところでしょうか。昨年からのリバウンドと言う意味で言えば底を打った感じもします。ただこれから強く上昇するかどうかはなんとも言えません。経済状況を確かめながら進んでいくのだろうかと思います。

本音を言うとあがりもせず、下がりもせずの状況が一番投資金額を積み上げるのに適した時期だと思います。そういう意味では今からが一番よい時期になりそうですね。

今日はハンセン指数が下がったなーと思っていたら、中国本土はもっと大変なことになってますね。相変わらず新興国株の値動きはわからんものです。

コメントを残す