2009年3月25日

SFCG民事に変わりまして破産

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090324AT2C2400H24032009.html

チームSFCG

不調の助っ人(クローザー)ミンジーを代えるようですね〜。

監督「ピッチャー交代!」

→ハサン

背番号00

もはや敗色濃厚となり、最後の切り札を降板。もうこれでゲームセットのようです。しかし、これだけ後味の悪い父さん劇もなかなかないですね。中小企業を資金繰りで支えるはずの商工ローン。これが散々金をむしりとった挙句に破産ですか。中小企業にとって運転資金は本当に命ですから、こういうけしからん会社に絞られるのではなく、もっといろんなチャネルからお金を融通できたらよいと思っています。日本にはアメリカのような低格付け社債が盛んに取引される市場がないのが悔やまれます。何百兆円もある個人の金融資産を日本を支える中小企業につなげるチャネルがないことは構造上の問題だと常々思っています。国債ばっかり買っている。というのも、国債くらいしか買うものがないわけですよ。社債なんて、まぁトヨタみたいなところかメガバンクが出すだけで、後はおまけみたいなCBとかですか。それこそ証券化させるとか、ファンドを組成するとか、なんとか知恵の出しようはないものですかね。

コメントを残す