2008年12月18日

社債の目論見書はお勧め!

申し込みを済ませた野村ホールディングスの社債の目論見書(発行登録追補目論見書)が届きました。

社債は、購入の意思を示してから目論見書が届くんですね。初めて知りました(;^ω^)最近、本を読んで社債について勉強しています。え?買う前に勉強しとけ?はい、おっしゃるとおりですorzでも、株にしても買わないと勉強する気が起こらないんですよね。なぜなんでしょう?やはりリアルマネーが絡まないと危機感がわかないからでしょうか。

大本営発表の投信の目論見書に比べると随分とリスクに対するディスクロージャーが充実しているように思います。(ちゃんとまとめられているし)少しはその労力を投信のディスクロージャーにも振り向けたらいかがですか、野村さん?

今回の社債発行額3000億

なんか、ここら辺の金額が資料の作りこみに影響を与えていると考えられなくもありません。

というわけで会社の事情を詳しく知るには社債を買うというのもよい手段なのかなと思いました( ^ω^)

コメントを残す