2008年11月8日

驚くほど何もなかったGM

一夜明けて今朝、経済ニュースでGMの決算を見ましたが、びっくりするほど内容がなかったです。伝わってきたのは、むちゃくちゃにひどい赤字ということ、クライスラーとの合併は凍結すること、年明けからの資金繰りが厳しいこと。なんか政府にお金を融通してもらわないともう倒産しかないくらいの雰囲気ですな。「重大な改革」とかいうもんだからなんか方針転換を図るのかと思ったら、何もない。「エコカーのシェアを2010年までに世界一にします」くらいのことをぬかしたら少しは期待が持てたけれど、何の将来展望もなしにこのままだと会社が潰れるから金を出せなんて恐喝もいいところじゃん?そんな会社に金を出す賢明な投資家なんて誰も居ませんから。自分が株主だったら即刻全株売りですな。(持ってないけど♪)というわけでGMはもはや政府頼みのようです。うわー潰れそう(滝汗)

これでアメリカは自動車もダメ、消費もダメ、金融もダメときました。これからは何で存在感を示していくんでしょうね。まだ農業では存在感は高いですけどねー、それとも資源かな、んーなんかどうも先進国って感じがしない。。

コメントを残す