「景気後退」タグアーカイブ

そろそろ本当の底かな(淡い期待)

先月の投資成績です。なかなか株式投資にとっては厳しい相場が続いています。kackyファンドは暗号資産の価格が崩壊してブッチギリの大損になっています(´;ω;`)まあ、一時は700万まで行っていたビットコインが200万円まで下がってしまったのですからまあこうなりますよね。暗号資産の下落は、暗号資産でビジネスをしている企業にとっても打撃を与えていて、特に暗号資産に投資してきた企業は経営危機を迎えたり、倒産する企業も出てきました。具体的にいえば、セルシウスやスリーアローズキャピタルといった企業が経営危機や破産を迎えています。Coinbaseといった優良上場企業でさえも従業員の削減に追い込まれています。

ただ、私のような『暗号資産ガチ勢』にとってはこの辺りの暴落は2018年や2020年に経験済みのため、そこまで将来を悲観はしていません。むしろバブルでゆるふわに稼いでいた人たちを清算する上では市場の正しいプロセスが動いたとみています。これからどうなるかは本当に難しく、物価上昇がどうなるか、景気後退がどこまで進むか、食糧危機がどうなるか、ウクライナ情勢がどうなるか、コロナウィルスはどうなるか、色々な状況が絡まりあって複雑な相場を迎えています。しかし、それでも最後は長期投資家が報われるのではないかなと思います。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

復活そして納税へ

先月の投資成績です。

kackyファンドは年初からの暴落から、かなりのところまで復活をすることができました。物価の高騰、FRBの利上げおよび資産圧縮、ウクライナ侵攻、さらには景気後退の懸念も出ています。しかしそれでもなお株式市場は底堅い動きを見せました。物価の高騰、すなわちインフレは現金の価値が下がります。これにより相対的に株式の価値が上がるため、株価は予想に反して上昇することがあります。目先の暴落に恐れる事なく投資を続ける大切さを実感します。

さて、3月に納税をクレジットで終えて、今月はいよいよお金が引き落とされます。まさに年貢の納め時です(涙)先月の株価上昇により、損切り祭りを回避することができて胸をなで下ろしております。今後の相場は油断できませんが、目先の出費が終わることでより長期目線での投資に入れます。とてもうれしいことです。

それでは今月も長期投資で行きましょう!