めげずに仮想通貨に投資します!

image

先月の投資成績です。先月もわずかながらに下落してしまい、3ヶ月連続での下落となってしまいました。

原因は主に仮想通貨です。なかなかいいところを見せられずただただ下がるのを眺めるブログになっておりますw正直今年は残念無念ですが、めげずに先月も追加資金を仮想通貨に投資しました。現在、仮想通貨はETH、BCH、XRP、NEOに絞って投資しています。今年は現状大損を喫しておりますが、まだトータルではプラスですし、なんやかんやでこれらの通貨は粛々と開発が続けられていて、年末にかけて復活したらとか、2020年くらいにドカンとプロの投資資金が流入したらどうなるかームフフ( ´艸`)とか妄想しながらなんとかやっております。もちろん株式投資も元気に続けておりますよ!こちらもまだ今年はプラスになりきれてないのですけどね・・・。kackyファンドは億り人狙いますよーwww

 

それでは、今月も長期投資でいきましょう!

仮想通貨は地を這う・・・

image

先月の投資成績です。

時間がとれず、更新があいてしまいました。先月は宣言通りに仮想通貨の買い増しを実行しましたが、私の仮想通貨買いは逆指標のようで相場はずるずると落ちていき、今年最安値付近をうろうろしております。 ・゚・(ノД`;)・゚・ 。

一方、株の方は低迷から明るい兆しが見え始めてきました。積立も長らく赤字に落ち込んでいましたが、それを取り戻してプラスに転換しております。特に海外株式、海外REITの上昇幅が大きいですね。なのでトータルではそんなに損してない(いや下がってるけどw)ってことで無問題としておきますww

投資は息が長いのです。こうして低迷してしまうときも多々ありますが、自分の未来を信じて淡々と積みましていこうとおもいます。買うなら今ですよ、きっと!

 

それでは今月も長期投資で行きましょう!

Gincoが切り拓く未来

image

どうも、こんにちは。今月の投資成績です。

年初から続いた仮想通貨の下落もようやく今月に入って底をうちました。いつかは切り返すとは思っていましたが、正直ほっとしています。年初からはまだまだ安い水準ですが、これからはじっくりと時間をかけて仮想通貨の世界が浸透していって、価格も上がっていくのではないでしょうか。そのときに向けてkackyファンドもじっくりと仕込んでいきたいと思います。

さて、今週Gincoという仮想通貨ウォレットアプリのローンチイベントに参加してきました。

https://ginco.io/

Gincoはスマートフォンアプリとしてインストールするタイプの仮想通貨ウォレットです。

仮想通貨は皆さん取引所を通じて買われるかと思いますが、先日のcoincheckの一件もあり、取引所に仮想通貨を預けておくと、取引所がハッキングされて、自分の保有通貨が盗まれてしまう、あるいは取引が停止してしまう、最悪は取引所が閉じてしまって引き出すことができなくなってしまうなどというリスクがあることが知られるようになりました。

では、仮想通貨はどのように管理すればよいのでしょうか?手軽なところではWeb上で動作するWebウォレットがあります。ただ、こちらはアカウントがオンライン上にあるためセキュリティ面では取引所と大差ありません。私は主にハードウェアウォレットと呼ばれるLedger Nano Sを使っています。ただ、こちらは1つあたり15000円位するため、なかなか最初の出費としては高いと考える人も多いでしょう。

そこでGincoですが、Gincoはに仮想通貨の入金、出金に使う秘密鍵をスマートフォンの中に入れ、ネット上でやりとりをしないため、セキュリティ面はかなり安心感あるものになっています。気になることとして、スマートフォンの紛失があるかと思いますが、こちらもバックアップキーを残すことができるため、スマートフォンを紛失しても、別の端末で復活させることができます。こちらのバックアップキーですが、簡単に言うと『秘密鍵を分割してわかりやすく(日本語化)したもの』と言えます。Gincoが秘密鍵をクラウドへ保存しているわけではないのでハッキングのリスクはありません。

Gincoのセキュリティについて

ということで、当面は取引所で購入した仮想通貨を保管するための手軽な手段としてGincoは使える存在になるかと思います。

しかし、ローンチイベントでGinco CEOの森川氏は『Gincoを仮想通貨を通じた価値交換のプラットフォームにする』と言っていました。単なるウォレットとしての扱いだけではなく、今後は取引所や、法定通貨(円やドルなど)との交換、DApps(分散型アプリケーション)の連携といった機能をつけていくようです。この点については国内の法律の解釈など、課題もありますが今後の活動で、スタートアップらしく新しい世界を切り拓いてほしいなと期待しています。

 

ついでに私の仮想通貨圏への期待を述べておくと、それは『従来、中央集権化によって守られた既得権益の破壊、権利を自分たちに取り戻す、オープン化して透明化する』というところです。皆さん、当たり前と思っている『既得権益』って実はいっぱいあるんですね。もっぱら仮想通貨が変えようとしている『銀行業務』も中央既得権益と言えますし、法律、石油採掘、貿易、著作権、放映権、受信料…などなど、探せばいっぱい出てきます。これまではその方が効率的な面もあったのでそうしてきたところもあるかと思いますが、今はインターネットで全ての人が瞬時につながれる時代です。一カ所に押し込めてクローズドにした方が効率的かどうかは今一度問い直した方がよい時代が訪れています。さらにはそれらに乗っかって利益を独占してきたところから我々の手に権利を取り戻せば、全員が幸せになる可能性も秘めています。

 

もちろん、投資家としてリターンを求めて仮想通貨に投資していますが、同時に未来を切り拓いていくパワーにも期待していますよというお話でした。はやく億り人になりたいです。

 

それでは今月も長期投資で行きましょう!

仮想通貨の暴落は続く

image

先月の投資成績です。渡米していたりしたので更新が遅れてしまいました。

※グラフの縮尺がおかしくなったので一昨年末からの表示に変えました

先月は仮想通貨がさらに暴落した月になりました。昨年末には1BTC=200万円で取引されていたビットコインも半値以下で取引されるようになりました。他の通貨も例外なく半値どころか3分の1、4分の1になってしまいまいした。kackyファンドは今年は暗い時代を過ごしています。とはいえ、私の仮想通貨も昨年の10月末まではほぼトントンくらいで推移していたので、元に戻ったくらいと思えばまあましな気がします。

さて、これから先、仮想通貨はどうなっていくのでしょう?誰かが言うように価値はゼロになってしまうのでしょうか?正直、私にもわかりませんが、誰かが情熱を傾けてこのブロックチェーン技術にコミットしているのであればゼロにはならないのではないかと思います。ただ、昨年見たバブルのような相場は完全にはじけてしまったので、今後はちゃんと使われるようになって価値を出していかないと上がっていかないかもしれません。

昨年一世を風靡したICO(Initial Coin Offering)は各国が規制を強化していることにより急速にオワコン化しています。資金を調達する側も、投資する側も制限のない資金調達方法として画期的だったICOですが、資金を持ち逃げする詐欺も多いためなかなか歓迎されなかったですね。詐欺を食い止める手段を技術的に講じることができれば復活できるかもしれませんが、そうでなければ徐々に衰退していくことになりそうです。残念ですなぁ。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

コインチェックを待ち受ける苦難

どうも、月末以外は滅多に更新しないkackyですが、現在ホットな話題が仮想通貨に降ってきたので一応一言書いておきます。

コインチェック 500億円以上不正流出か

コインチェック経営陣、しどろもどろの謝罪会見。

コインチェック 約26万人に返金方針 金融庁が聞き取りへ

この週末で、

  • 500億円以上の不正アクセスによるNEMの流出発覚
  • 謝罪会見
  • 返金の方針発表

と、めまぐるしい動きがあったコインチェックが起こした問題。500億もの大金を不正アクセスにより流出する懸念があるホットウォレットに入れておいたという事実は、大手取引所としては致命的にお粗末としか言えません。実はかく言う私も一時期はcoincheckのユーザーでしたが、coincheckの入出金の対応の悪さや、仮想通貨取引業者に登録されなかったことをきっかけに、一切の取引をやめてしまいました。大手の取引所ではあったので大丈夫だろうというユーザーもたくさんいたことは事実で、気持ちもわからなくはないですが、やはり金融庁から認められなかったということはそれなりの理由があったということでしょう。まだまだ黎明期の仮想通貨取引で、100年以上の歴史がある証券取引所と比較してまだ歴史の浅い取引所しか存在しない状況で「セキュリティ」が自分の資産を守る最重要事項であることを認識させられる事件であったと思います。仮想通貨取引のベテランで「GOX」という言葉を知らない人はいません。

さて、返金方針が出されたことで安心したユーザーさんも多いかもしれませんが、コインチェックの先行きについて非常に厳しいという見方をせざるを得ません。返すという方針が出されましたが、確定したのは返金する金額(1XEM=88.5円)だけで、いつ返すか、返せるだけの自己資本を有しているかという話は一切出てきていません。まず、創業5年ほどしか経っていない会社でおよそ463億もの金額をポッとキャッシュで返せる会社は存在しないでしょう。そうなると何年かの利益を投じて返済していかなければならなくなるわけですが、これからコインチェックは

  • 突然湧いた463億円もの負債
  • 遠のく仮想通貨取引業者登録
  • 離れる顧客

という三重苦を抱えて経営していかなければなりません。そのまま、取引所を運営するにしても仮想通貨取引業者に登録される可能性はゼロと言えますし、顧客はもう愛想を尽かして別の取引所へ移ってしまうでしょう。もし、仮想通貨取引業者に登録されていれば、どこかのお金持ちが仮想通貨取引業をやりたがっていたら安値でお買い上げしていたかもしれませんが、今はただの「みなし業者」扱いのため、買収するうまみがあるとは思えません。あるとしたら、既存の取引所が顧客シェアをまるっと拡大するために合併を図るというところでしょうか。それでも463億円の負債を肩代わりするだけのメリットがないとダメですが。。ということで、これからコインチェックはどうなるでしょうね。突然破産してユーザーや仮想通貨投資家に迷惑をかけることだけはやめていただきたいと願う今日この頃ですm(_ _)m

投資成績計算プログラムを10年ぶりにアップデート

image

先月の投資成績です。相場的には上がったり下がったりで横ばいです。kackyファンドも6ファンド中2位をがっちりキープしております☆

先月の終わり頃から投資成績を自動で計算するプログラムが動かなくなり、このままではこのブログを更新するネタがなくなってしまうという危機感のもと、プログラムの全面改修に踏み切りました。このプログラムを作ったのはこのブログを開始してほどない2008年に遡ります。なんと10年程前のはなしです!!技術力もお金も大してない中でえっちらほっちら書いていたのでそれはそれは人様に見せられないような糞コードでできあがっておりました。様々な小さな改修を経て今日まで稼働してきましたがついにお役御免となりました。ソースコードを見返すと哀愁すら漂う歴史の遺物でした。

その日の価格などはhttp通信でクロールしてくるのですが、こんな感じの実装でした。

print S "GET $filename HTTP/1.0\r\nAccept: \"/\"\r\nAccept-Language: ja\r\nReferer: http://$hostname$filename\r\nHost: $hostname\r\nConnection: Keep-Alive\r\n\r\n";

http手打ちですかいwww

というのも貧乏サーバーで運営している関係上、実装した当時はhttpモジュールなんて入っているはずもなく、仕方なく手打ちでhttpプロトコルを実装せざるを得ない状況でした。おかげさまで今ではhttp通信モジュールを使ってえいっとURIでアクセスすればよい時代になりました。こんなコードともおさらばです。昔は文字コード変換はjcode.plだったよなぁとか。そういう話をしだすとだめですね。あのころはあのころで試行錯誤をしながら動いたときの感動を味わいましたし、とても勉強になりました。

この恥ずかしいコードは青春とともに捨て去って、ちゃんとオブジェクト指向で設計した最新環境に対応した保守性の高いコードにしていきたいと思います。気が向いたらgitでバージョン管理してgithubにでもあげようかな。ええ、もちろん今もFTPデプロイですとも。

クラロワ アリーナ6♪

image

先月の投資成績です。

状況としてはインデックスファンドは下がり、kackyファンドを含むアクティブファンドが上昇した月でした。依然として投資としてはやりにくい状況が続いています。大きく暴落するわけでもなくじわじわ下がっていくのはあまり面白くありませんね。

というわけで、たまにはゲームの話をしましょう。最近はクラロワ(クラッシュ・ロワイヤル)というスマホゲームをやっています。一時期はアリーナ4で停滞していましたが、アリーナ6で安定してきたのでデッキ構成をさらしてみます。

01902bcff4ad6404f18387faeda3e3f296997b0d19

こちらはアリーナ4からずっと使っているデッキで、基本はテスラやスケルトンを使ってエリクサーリードを作って、巨大スケルトンとベビードラゴンで攻めるというシンプルな作りです。アリーナ6からはエリクサーポンプを加えています。巨大スケルトンは守りにも使えるので守りは堅いです。弱点はあまりないですけど、インフェルノタワーを出されたときと、バーバリアンが大量出撃されたときですかね。インフェルノはマスケット銃兵+αで、大量バーバリアンには巨大スケルトンで相打ち狙いでなんとかなりますw

今日、ウルトラレア宝箱を引いたら最強カードとも言われる『ランバージャック』を引き当てたのでうれしくなってランバージャックデッキも編成してみました。

013ca49ec820ad7bb8f3062349694c3564ddd7d974

ランバージャック+ジャイアントの組み合わせはチート級に強いですね。放置しておくとものすごい勢いでアリーナタワーが溶けていくので相手は対処せざるを得ません。前のデッキに比べると攻めに重きを置いたデッキといえます。守りもテスラとゴブリン、ファイアエレメントがいるのでたいていは食い止められます。ゴブリンバレルを鏡で連続で撃たれたりとか飛び道具使われると矢の雨がないので苦しいですけど、こっちの方が攻撃が早いので無視してもなんとかなりそうw

 

クラロワはノーマルのカードもちゃんと使い道がありますし、カードを出すタイミングの駆け引きがあってバランスがよいですね。私もそのうちこんなゲームを作ってリリースしたいなぁとおもう今日この頃です。

凪の相場の中

image

先月の投資成績です。8月は大きく上がることも下がることもない静かな相場でした。

kackyファンドも特にリターンに変化はなく横ばいで推移しました。そんな中サプライズとしてひふみプラスの成績が大きく落ち込んでkackyファンドがついにベンチマークの中で単独首位に返り咲きましたwまあ、儲かってないんですけどね。アクティブファンドはこういうことがあるのでやっぱり買うのはやめようと思いました。

ここまで動かないとなんだか追加投資をためらってしまいます。長期的には上がると思っていても、やはり暴落が怖いのですよね。。このまま来年まで何もしないということもあり得る気がしました。それでも投資自体は続けていますから、それなりの恩恵は得られると思います。

では、今月も長期投資でいきましょう!

新しいPCを買いました

image

先月の投資成績です。私の心配をよそに先月の株価はだいぶ持ち直しを見せています。やはり私は株価の予想なんてしないほうがいいですね( ゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

さて、つい2日ほどまえに新しいPCを買いました。6年前に6万円くらいで買ったビジネスPCから、最新版グラフィックカードGTX1080、Core-i7 6700を搭載したハイスペックゲーミングPCにステップアップしました。動機はやはりこれからくるVRですね。Oculus Riftの推奨環境がGTX970以上なので結構なスペックのPCが必要で、当然今のPCをグレードアップさせても届かない性能だったので、思い切って買えることにしました。20万円ほど投じたわけですが、私はなんといってもエンジニアとして飯を食っている身なので自分への投資と考えています。やはり味わうものは最高のものを味わっていかないとこれからの競争に勝ち抜けないですよね。そんな思いです。もちろん普通の人に手が届かないとだめっていうところもあったりしますけど、まあフェラーリが数千万するのに比べたらずいぶんと庶民てきともいえますよ。そんなお金を少しは投資で稼ぎ出したい今日この頃です。

インデックス投資ナイトを終えて

 

IMG_0756

だいぶ書き込みまで遅くなりました。今日は選挙に出かけたり、洗濯物を干したり家事をやっていたらもうこんな時間になってしまいました。投資かいわいではすっかり有名イベントとなったインデックス投資ナイトに今年も無事に行ってきました!下ではももクロのライブをやっていて終始ずんずん揺れてましたw

私としてはまあ、いつもの顔なじみのメンバーに会えて、この株価下落もちゃんと切り抜けられて無事を確認できてよかったというところと、今回3代目になる名刺(時間なくて当日印刷しましたw)をちょっとはお配り出来てよかったです。これで当ブログの閲覧者数が増えていただけると私のブログを書くモチベーションが上がります☆あと、ブロガー仲間のおぱるさんに『結婚おめでとう☆』って言えてよかったです(=゚ω゚)ノブログからもあらためておめでとうです☆

懇親会で話をしていたら『私のブログに是非写真を載せて欲しい!』とおっしゃられた方が現れました。こんな人は初めてです。何も得しないと思いますが、本人の意向を汲んで載せておきます。

い、いちおう1日100PVくらいはあるからねっ

IMG_0762

※写真にkackyは含まれておりません

どうもありがとうございましたm(_ _)m

今年は奇跡的に参加できましたけど、来年以降は参加むずかしいでしょうね。。皆様の元気な姿を心に焼き付けておきます。そしてこれからも投資がんばります。

※追記

もう一言付け加えますと、ブロガーの皆さんは『時価総額加重平均のインデックスこそが正義』といったようなインデックス投資原理主義者ではなくて、『インデックスファンドを使って投資を楽しもうぜうぇーい』といった感じのとても普通の投資家でした。私も似たようなもんなのでなんだかホッとします。