Windowsの起動が遅い原因がわかりました!

今日、あれこれ調べた結果、Windowsの起動を遅くしていたのは

McAfee Antivirus

が原因だとわかりました(´Д`;)

実験としてマカフィーをアンインストールしてみたら、Windowsの起動時間は10秒以内になりました( `_ゝ´)

 

あまりにも糞すぎてこのままお蔵入りさせようかとも思いましたが、ライセンスが3年も残っていてもったいないので機能を最低限に絞って再インストールしました。そうしたところ、起動時間は20秒くらいまでになりました。

 

うーん、他のウイルス対策ソフトに本気で変えたほうがよいのでしょうか。しかし、このページを見る限り、どのソフトも五十歩百歩といった感じで気乗りがしない。

http://www.the-hikaku.com/security/08hikaku2.html

 

おそらくウイルスパターンの更新やらなんやらでいろいろと断片化を繰り返してそう。Windows Updateより曲者のようです。。

コメントを残す