2008年7月6日

定期預金の魅力が増しています

最近じわじわと金利が上昇し、ネット銀行を中心に定期預金の金利が資金投下対象となりそうな水準に来ました。ゼロ金利時代は5年定期でも0.1%とか笑っちゃうほどの定期金利でした。「少なくとも1%以上の金利がつかないと定期預金する意味がない」と財布代わりにしか考えていなかった銀行、”「銀行にお金を預けるな」”とまで言われた銀行ですが、最近は1%を越える金利も珍しくなくなりました。こうなると資金を定期預金に回すというのもありかもしれません。

逆に考えると、他のものにお金を投資するとすれば、それは年1%以上のリターンを期待していなければ無駄というものです。実感としてはコンスタントに1%の利益達成は大変です。

今の状況では「投信にお金を預けるな」とでも言いましょうか。

私が考える国内債券ポートフォリオ(国内債券のアクティブファンドは論外)の利回りとデュレーション

  • MMF 1ヶ月 0.5%
  • 定期預金 1年 1%
  • 国債 5年 1.5%

を考えても、国債を買うより定期預金の方がお得な感じがします。日本の方々は預金好きですからこうなると投信やめて預金に戻る人も増えるかもしれませんね。

ただ、ネット銀行はできたばかりのものも多く、お金集めのためのキャンペーンに終わるかもしれません。その点はあしからず。

コメントを残す