相場の変動はこれからが本番か!?

image

先月の投資成績です。

先月はBrexitショックにより大幅に下落した月になりました。暴落を逃れたkackyファンドが首位に返り咲きましたが年初からマイナスであることには変わりありません(´;ω;`)

しかし、月末からの値動きを見るといくらか株価は回復してきていてなんだかBrexitショックって大したことなかったような、いやイギリスEU離脱しないんじゃね?みたいなそんな気楽なムードも漂い始めています。そんなムードで株価が上がると私は何のために現金を備えているかわからなくなってきてついつい株を買ってしまいたくなる時期もくるかもしれません。しかし、その油断こそが大損に足を突っ込んでしまう原因だと自分を戒めます。

この動画でも見て、歴史を思い出して堅実で長期的な投資を。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

英国の国民投票で思ったこと

投資家の皆様こんにちは。英国の国民投票は大方の予想を覆す結果になりましたね。私は結構離脱派が勝利する可能性もあると思っていました。そこでまあ、先日の日記の通り株を整理して備えていました。前日までは残留派勝利確実みたいな予想になってて私も『え、そうなの?』と心が揺らぐ場面もありました。しかし結果的には大方の予想のほうが間違っていたということで若干のしてやったり感はありましたwまあ、株をゼロにしたわけではないし、ショート(売建)を持っていたわけではないので私も損をしたのは事実ですけど。それでも国際株式はほとんどゼロで、株も今紙切れになったとしてもトータルプラスは維持できるので、今日もぐっすり寝れてスバラシイ☆ッて感じです。リスク許容度大事ですね。こういう時に至ると身にしみて感じます。

 

投資かいわいの記事を見ていて一番笑ったのは『EU残留は市場のコンセンサスだ。英国は目先の利益に目を奪われて、長期的視点を失った。私は大損した』って論調をみて、いや目先の利益に一番目を奪われてるのはあなたでしょwwwって思わずツッコミを入れてました。

 

今後の株価ですが、まあこんなもんじゃ収まらないと思います。こんなもんで収まるなら大したことないですしね。私も投資を8年あまり経験していますから、リーマン・ショックの時も1ヶ月ほどかけてガラガラと株価が崩れていったことを覚えています。あのときは1ヶ月で40%くらい落ち込んだと思います。このbrexitショックがどれだけのものになるかは私も予想がつきませんのでしばらくは静観していく予定です。ただ相当に波及効果が大きいであろうということだけは言えると思います。他にもEUから離脱する国もでるかもしれませんし、貿易面や為替で新興国には影響が出るでしょう。アメリカの大統領選挙も控えています。

それでも私は長期的には株を買っていくと思います。不安要素をこなしていきながらも将来の成長へ向かって一歩一歩進めていくのが経済の原理でもありますし、投資の原理でもあります。むしろこうやって株価が大バーゲンセールになってから買うのが楽しみです。再来週のインデックス投資ナイトがさらに楽しみになりました。

 

それでは、これからも長期投資で行きましょう!

来週末の大相場に向けて

すでに御存知の通り、来週は英国がEU離脱の是非を問う国民投票があり、相場もその是非に向けていろいろと動きを見せています。実は来週末の大相場に向けて密かに準備を始めていました。今まで持っていた株式をある程度片付けて、手元に大きな資金を準備しています。普段は何も考えずにのんびり構えていますが、とても大きな金額を一気に動かすことになるのでとてもドキドキしています。株価もどう動くか全く予想がつきませんからね。この決断が吉とでますように。

インデックス投資ナイトに今年も参加します!

インデックス投資ナイトというインデックス投資家によるインデックス投資家のための飲み会(笑)が今年も7/9に開かれます。

http://www.idxnght.com/

 

年々インデックス投資も認知度が高まっており、このイベントも席が当日完売するほどの人気になっています。私は今年は娘も産まれて土曜日に飲み会にいけるような雰囲気ではないし、今日のチケット販売も娘の相手に追われてとれないかもなぁ、と半ばあきらめてました。

しかし!そんな私に

  • 7月の初旬に妻と娘が実家に帰ることになり、急遽7/9の予定が空いた!
  • 今日のチケット販売の時はたまたま薬局の順番待ちをしていてチケットが無事に購入できた!

という奇跡が重なり、無事今年も参加することができることになりました。

※現在はチケットは予定枚数を完売したようです。

来年以降はこんな奇跡が重なるとも限りませんので今年が最後のインデックス投資ナイトになるかもしれません・・・(と去年も思ってましたけど)なので今年は悔いを残さないように精一杯楽しんでこようと思います。水瀬さんをはじめ、ブロガー仲間の皆様どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

これからの新規投資をどうするか?

image

先月の投資成績です。先月は株価が上昇し、1月末近辺の水準まで回復してきました。株式投資の底力は侮れないといったところですが、足元ではアメリカの経済指標が予想に反して良くなかったようで、円高株安が進んでいます。

kackyファンドのこれからですが、定期預金の満期がやってきたり、社債の満期がやってきたりと新規に使えるお金がわりとまとまってやってきます。定期預金で手堅く運用という方向もありますが、このマイナス金利の中であまりよいリターンは期待できません。『ピンチはチャンス』と捉えて積極的投資に出る可能性もあります。とは言え投資にリスクはつきものですので損する可能性も十分あります。悩ましいところです。

やはり投資は難しい…

image

先月の投資成績です。kackyファンドとベンチマークとの間で順位の変動はありませんでしたが、各ファンドの差は縮まりました。kackyファンドが1位に浮上する可能性もあります^^

相場はジェットコースター

月初の金融緩和ヌルゲーモードから一変して月末に日銀が『特に何もしない』ことを決めただけで株価が大暴落するスーパーハードモードへと一変しました(´・ω・`)こんなことで株価が上下するのは理不尽極まりないですが、投資をする身としては受け入れるほかありません。投資は難しいですが、限られた時間のなか、肝心なことは長期的な投資スタンスを崩さないことに尽きます。

それでは今月も長期投資で行きましょう!

3月の投資成績

image

先月の投資成績です。

3月は久しぶりに株価が回復した月になりました。kackyファンドは2月の下落をほぼ取り戻すことが出来ましたがまだまだ原点には程遠いです。3月の配当権利落ち後なのでグラフよりは実質ちょっとだけ上ですけど。国内株式も年初から10%以上下落したままになっています。ひふみプラスがいい感じですね。TOPIXやめてひふみにしようかなぁw今年は株価が下がって大変な年ですが、ここをくぐり抜けて株価が反転するといい感じになる気がします。ここで買って良い投資になるとさらに投資家として成長できそうですね。

では今月も長期投資で行きましょう!

株式市場の雪解けなるか

image

先月の投資成績です。

2月は株式投資にとっては厳しい状況となりました。どの投資信託も軒並み下落となっています。特に国内株式の下落がひどく日経平均は昨年比で15%超の下落となっています。リスク資産が少ないkackyファンドが相対的に下落から免れている結果です。それでも7%くらい持って行かれてますけど٩(′д‵)۶とはいえ血を吐いて死にそうになるほど損はしていないのでやはりリスク・コントロールは大事だねって思います。いのちだいじに。

3月に入り、気候的には暖かくなってきました。相場もいくらか回復していて1月末くらいの水準には戻ってきそうです。株式相場も春が訪れてまたまったりとした投資になるといいなあなどとのほほと構えます。

image01

株価下落も投資方針に変更なし

image

今月の投資成績です。大学の先輩から『さわかみなんかと比べてないでひふみをベンチマークに入れろや』と言われたので今年からさわかみファンドを外してひふみプラスをベンチマークに加える事にしました。この数年でさわかみファンドがインデックスに劣っていることは明らかになったかとおもいますので、グラフに入れるまでもないかと。

御存知の通り今年は下落から始まりました。ものすごい大暴落かのように言われてますが、1ヶ月で振り返ると10%も下落してないのですね。もうリーマン・ショックとか東日本大震災からのギリシャショックを経験した人たちにとっては微風くらいではないでしょうか。まあ、こういう月もあると気もちを切り替えていけば乗り越えられると思います。

 

今の悩みは株式投資にお金が行き過ぎて手持ちの現金が足りてないことです/(^o^)\ナンテコッタイ

このままだと所得税を払うのにも事欠くレベルでお金がありません\(^o^)/

まあ、確定申告及び納税は3月まで延ばせるのでそれまでになんとかすればいいわけですけど。場合によっては株や投資信託の売却も検討しなければいけなくなるかもしれません。。まだ売りどきじゃないのにね。

 

株式投資あるあるな感じですがよい子は真似をしないでちゃんと現金を持ちましょうw

それでは長期投資で行きましょう!

損失を確定して再出発

年初から株価が下落して、リバウンドした中、kackyファンドはこっそりとニッセイ外国株式を全額売却して買い直すオペを入れました。損失額としては30万円ほどです。決して少なくはない金額です。損失確定というのは決して気分のいいものではありませんが、なぜこの手を打ったかというと、損失を確定させることで今年から最大3年間で上げる利益と相殺することができるため、支払う税金を減らすことができるためです。今年からはさらに債券の利息収入も確定申告をすることで株式の損失と相殺することができます。私は投資家として数万円単位の所得税を納めていますから、この額を減らすことで収入が増えます。株価が下がっている時には下がっているなりの戦略があるのです。

話は変わりますが、今日FP3級の試験を受けてきました。まあ取ろうと思えば取れるかな-と思いつつ、特に必要もなかったので受けてなかったのですが、子どもをもっていろいろな資産設計をする中で妻への説得力が増すかなと思って受けてみました。自己採点結果をしたところ、無事に合格ラインに到達していたのでホッとしています。実技試験は、自分の得意分野の資産運用、資産設計部分が主で難易度もそれほど高くなかったので対して練習してなかったですがほぼパーフェクトが出せました。一方、学科の方は得意の資産運用部門や◯☓問題で8割くらいの正答率を稼いだ一方、ほぼ使ったことがない不動産や相続といった知識が不足しており、三択問題では正答率が6割程度にとどまりました。いろいろ反省点も多いですが、これで3月ごろには正式に3級ファイナンシャル・プランニング技能士になります。このブログの内容は特に変わりませんけどね。