2009年9月1日

投資顧問会社格付け始めました

たまには有用なコンテンツでも流そうかと思い、投資顧問会社の勝手格付けをしてみました。

重視した点は

  • 運用コストが安い
  • 投資方針が長期的な観点に基づいている

という点です。逆に言えば運用コストが高く、売り手の論理で運用している会社は格付けが低くなっています。

目安として

  • AAA – とても優れた商品群を持っている
  • AA – 優れた商品群を持っている
  • A – 比較的商品がすぐれている
  • BBB – 優れた商品、粗悪な商品が混在する
  • BB – どちらかというと悪い
  • B – 良い商品がほとんどみられない

です。合格ラインはA格くらいに引いています。会社によってはたくさん商品があるので全体的な印象です。

  • AAA 該当なし
  • AA 住信 セゾン プルデンシャル
  • A JPモルガン 日興 フィデリティ みずほ
  • BBB 野村 DIAM 三菱UFJ 安田 大和
  • BB さわかみ ピクテ ブラックロック
  • B フォルティス 国際 HSBC シュローダー

AAAは今のところ該当なしにしました。海外も入れればヴァンガードあたりが入ると思いますが、国内ではまだそれほどの会社がないですね。

次点のAAには住信とセゾンとプルデンシャルを入れました。
住信はご存じSTAMシリーズでほぼ完璧なインデックス運用ができます。セゾンもセゾンバンガードは国内では有数のコストパフォーマンスを誇ります。プルデンシャルもマーケットパフォーマーシリーズは実績のあるインデックスファンドです。

アクティブ系ではJPモルガンとフィデリティをA格にしました。日本での実績が長く、割とまともな運用方針をとって長期リターンも高いです。

BBBに日本の大手が並びます。良いファンドもありますが、ぼったくりのファンドも多いです。

さわかみが何でBBなんだ!?という長期投資家も多いでしょう。しかし、私の評価はこんなもんです。信託報酬は明らかに高いですし、運用成績も平凡そのものです。投資運用の評価に代表の人柄は関係ありませんから。

投資信託ごとの格付けも検討しています。後々は検索フォームとかも設けてモーニングスターみたいな比較検討ができればいいな、なんてこともたくらんでいますww他の投資顧問会社の格付けも検討しますのでご要望あればツッコミなりメールなりお気軽にどうぞ。

※この格付けは将来の投資成果を保証するものではありません。投資の判断はあくまで個人の責任でお願いします。