投資成績計算プログラムを10年ぶりにアップデート

image

先月の投資成績です。相場的には上がったり下がったりで横ばいです。kackyファンドも6ファンド中2位をがっちりキープしております☆

先月の終わり頃から投資成績を自動で計算するプログラムが動かなくなり、このままではこのブログを更新するネタがなくなってしまうという危機感のもと、プログラムの全面改修に踏み切りました。このプログラムを作ったのはこのブログを開始してほどない2008年に遡ります。なんと10年程前のはなしです!!技術力もお金も大してない中でえっちらほっちら書いていたのでそれはそれは人様に見せられないような糞コードでできあがっておりました。様々な小さな改修を経て今日まで稼働してきましたがついにお役御免となりました。ソースコードを見返すと哀愁すら漂う歴史の遺物でした。

その日の価格などはhttp通信でクロールしてくるのですが、こんな感じの実装でした。

print S "GET $filename HTTP/1.0\r\nAccept: \"/\"\r\nAccept-Language: ja\r\nReferer: http://$hostname$filename\r\nHost: $hostname\r\nConnection: Keep-Alive\r\n\r\n";

http手打ちですかいwww

というのも貧乏サーバーで運営している関係上、実装した当時はhttpモジュールなんて入っているはずもなく、仕方なく手打ちでhttpプロトコルを実装せざるを得ない状況でした。おかげさまで今ではhttp通信モジュールを使ってえいっとURIでアクセスすればよい時代になりました。こんなコードともおさらばです。昔は文字コード変換はjcode.plだったよなぁとか。そういう話をしだすとだめですね。あのころはあのころで試行錯誤をしながら動いたときの感動を味わいましたし、とても勉強になりました。

この恥ずかしいコードは青春とともに捨て去って、ちゃんとオブジェクト指向で設計した最新環境に対応した保守性の高いコードにしていきたいと思います。気が向いたらgitでバージョン管理してgithubにでもあげようかな。ええ、もちろん今もFTPデプロイですとも。

コメントを残す